アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「三菱自動車」工場で労災隠し発覚ーーでも、三菱自動車が責任を問われないカラクリ

 東証1部、国内7位の自動車メーカー「三菱自動車」(益子修社長=冒頭写真。東京都港区)の岡崎工場での労災隠しが明らかになった。 日系ブラジル人男性O氏(31)は今年6月、三菱自動車の岡崎工場(愛知県岡崎市)で作業中、製造中の三菱自動車が肩に乗り上げ、脱臼で全治4カ月の重傷を負った。 労災が起きた場合、労働基準監督署に届けないといけない。だが、この件は3カ月以上伏せられ、O氏が一般労組「名古屋ふれあいユニオン」(愛知県名古屋市)に駆け込み、同労組が介入したことで、ようやく労災隠しが発覚した。 しかも、O氏は社会保険に加入させてもらっておらず、事故発生時、「国保でやれ」、さらに「外でケガしたと言ってくれ」と要請され、O氏は病院では仕方なく「坂で転んだ」と説明。治療費はほとんど自費だし、休業手当ももらっていないという。 何ともひどい話だが、この件につき、三菱自動車広報部に取材したところ、「ユニオンから話し合いを求められたのは事実だが、私たちは話し合いする立場にない」と拒否している。 もっとも、確かに法的には三菱の言い分の通り。なぜなら、O氏は三菱自動車の社員ではなく、派遣会社社員だから。社会保険に加盟させなければならないのは派遣会社だし、労災の届け出の責任も同様だ。  ただし、今回の件で、同時に注目してもらいたいのは、派遣会社が直に三菱自動車にO氏らを派遣しているのではなく、派遣会社と三菱自動車との間には、さらに「東山」(名古屋市緑区)という三菱自動車の下請け請負会社が介在している事実。その東山も、ユ二オンとの交渉に応じていない。(横写真=岡崎工場) 簡単に言い切ってしまえば、三菱自動車は単に工場設備を貸しているだけで、そこで働く労働者も、その労働者を管理する側も、三菱自動車とは少なくとも直には関係ない。 しかし、そこで製造している車は三菱自動車のものであり、それで三菱自動車は利益をあげていること、またメーカーとして優越的立場にあることなどを思えば、三菱自動車がこの労災隠しの件に直接的にしろ間接的にしろ関係ないわけがないだろう。 それどころか、問題があれば、派遣会社や東山に是正を求めるのが東証1部企業の社会的責任というものだろう。 本紙取材に対し、三菱自動車は直接の雇用関係にないので話し合いする立場にないとする一方で、さすがに「派遣会社には、しっかり対応するように言っている」と付け加えてはいる。 だが、前出・名古屋ふれあいユニオンの酒井徹運営委員長によれば、その一方でこんな動きがあったと明かす。 「最初(10月8日)、派遣会社の代理人弁護士と話した際、“三菱自動車も東山もOさんの受け入れに難色を示しており、職場復帰は難しい”と言われた。三菱自動車はOさんと雇用関係にないのだから、私はその発言に驚き、10月12日に改めて聞き直したぐらいです。ところが、その旨を『JANJAN』のニュースブログに載せたら、代理人弁護士はそんなことはいっていないとして、10月14日までに削除ないし訂正しなければ法的措置を取ると言って来たんです」。 その後、いま現在(10月19日)まで何ら音沙汰はないようだが、酒井委員長は、三菱自動車側がそんな発言をしても派遣会社は無視すればいいだけの話だし、2度に渡って確認しており、その発言があったことは間違いないので記事を削除ないし訂正するつもりはないという。 ところで、メーカーと派遣会社との関係だが、これによりメーカーは正社員より安い労働力を使えるのはご存じの通り。そこに持って来て、今回の「東山」のような請負会社をさらに間に入れ、三菱自動車は何ら指揮・監督責任さえないとの言い分を認めてしまうと、メーカーはまさにやりたい放題になってしまう。しかし、酒井委員長によれば、特に自動車メーカーにおいては近年、こうした形態が増えて来ているという。 ちなみに、岡崎工場での毎日の朝礼では三菱自動車の社員が話している。また、今回のO氏の労災発生につき、三菱自動車の工場現場幹部も直後に把握していたはずとのことだ。 一方、酒井委員長は大手マスコミが今回の労災隠しをほとんど報じなかったことについてこうも述べる。 「INAX工場での労災隠しが発覚した時は、多くの大手紙が報じてくれました。ところが、今回は私の知る限り、報じたのは『中日新聞』(10月15日夕刊)だけ。INAXと違って、自動車メーカーといえば、やはり広告の額がひじょうに大きいせいなんでしょうか?」。 最後にO氏だが、現在もリバビリ中ということで、ユニオンとしてはリハビリ終了後、O氏の意向に添い職場復帰を派遣会社、それに東山に求めていくとのことだ。 (上は自動車工場のイメージ写真です)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧