アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

民主党に自ら出馬打診し、断られていた!? ホリエモン

とんでもない情報が、極めて信頼できる当局筋から飛び込んで来た。 無所属ながら、亀井静香元政調会長(国民新党)の出馬する広島6区から立候補することが決まり、実質、自民党の“刺客”となったホリエモンこと堀江貴文ライブドア社長。 その堀江氏、実はこれに先立ち、民主党の岡田克也代表に密かに会っていたというのだ。 「自分から売り込んだんです。しかも、20億円とも言われる持参金を持って来るというおまけ付きです。だが、岡田さんは断わった。そこで、自民党です。このことからも球団買収、ニッポン放送買収(共に未達成)に続き、またまた話題づくりが商売に結びつくと思ってのことであることは明らかですよ」(情報提供者) 自ら、亀井元政調会長という候補者のいる、もっとも注目を浴びる選挙区からの出馬を申し出たのも、それなら納得いくというものだ。 ところで、堀江氏はともかく小泉首相の意を受けたわけだが、その小泉首相絡みで堀江氏といえば、気になるのはオリックスの宮内義彦会長との関係だ。情報提供者が続ける。 「ライブドアグループのなかで、有力会社といえば、『ビットキャッシュ』(株)が上げられます。宮内氏はこれに目をつけ、堀江氏に買収の打診をしています。これに対し、堀江氏は100億円以上でないとないとダメだと答え、宮内氏は断念したそうです」 ビットキャッシュはプリペイド式の電子マネー。匿名で購入できるなどの利点がある。 そして、その販売を行っているのが同名のライブドア系列の株式会社。同社は04年3月にライブドア傘下(株式73%取得)となり、その後、完全子会社している。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧