アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

パシコン疑惑、いよいよ事件化必至

 本紙が昨年末からいち早く報じている大手コンサルタント会社・パシコングループに君臨する荒木民生代表の特別背任疑惑ーー荒木代表は本紙記事に対し、事実無根として、その削除を求める仮処分申し立てを行っており、現在、東京地裁で審尋中。
一方、本紙・山岡が月刊経済誌『財界展望』に書いた同様の記事についても、事実無根として損害賠償請求を求めて提訴し、東京地裁で係争中だ。— だが、本紙は何度も繰り返し主張して来た様に、記事は真実であり、これら訴訟はいずれも不当なものである。
こうした中、本日、『毎日新聞』が以下のような記事を掲載している。
どちらの言い分が正しいか、民事訴訟の結果を待たずとも、刑事事件の方で先に決着がつきそうな雲行きになって来た。詳細は追って報告する。
なお、本紙の一連のパシコン疑惑関連記事は、ブログ画面の左、カテゴリー欄「パシコン・荒木親子」をクリックすれば見れます。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧