アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 報道・マスコミ
  3. 弁護士会も注目。記者クラブ制度のフリーランス差別

弁護士会も注目。記者クラブ制度のフリーランス差別

●フリーライター仲間の寺澤有氏、弁護士会広報誌に記事執筆

第二東京弁護士会発行の広報誌「二弁フロンティア」(05年2月号)の連載、「記者の目」に、フリーライター仲間の寺澤有氏が、記事を執筆した。
そのタイトルは、「傍聴取材ができない!」。
本紙では、過去、何度か記者クラブ制度におけるフリーランス差別の問題を取り上げて来た。
04年12月27日付け「『記者クラブ制度』を考える訴訟、第1回公判開催。寺澤有氏、意見陳述の中身」記事もその一つ(他の関連記事も、当HPトップ画面左のカテゴリー欄「報道・マスコミ」をクリックすれば閲覧可)。
だが、記者クラブが仕切るマスコミ世界では、当然ながら、これまで黙殺されて来ていたのが現状だ。
そうしたなか、その主張を第二東京弁護士会の広報誌が取り上げてくれた意味は大きい。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧