アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

岡田会長、子会社約20億円を不正流出かーー「ユニバーサルエンターテインメント」特別調査委員会設置(株価急落)

  • 閲覧数(6)

2月24日、米カジノ大手ウィン・リゾーツ傘下のウィン・マカオは、同社取締役会が緊急会合を開催し、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長(写真)の取締役解任を決議したことを明らかにした。今月23日撮影(2012年 ロイター/Romeo Ranoco)

パチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧アルゼ。6425。JQ。東京都江東区)は6月8日、子会社の資金約20億円が不正に流出した疑惑があるとして特別調査委員会を設置、6月30日を目途に中間報告を出すとのIRを出した。
何より興味深いのは、この疑惑に創業者で、実質オーナーともいわれる岡田和生取締役会長(冒頭写真)が深く関与している事実。
岡田会長らが15年3月、社内手続きに違反して香港の子会社から約20億円を貸付けする。その後、そのほとんどが岡田会長が当時、取締役に就いていた「Okada Holdings Limited」に送金されていることから、岡田会長個人の利得を図るためだった可能性もあるという。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧