アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

赤坂ビル発砲事件で犯人逮捕ーー動機は日大・田中理事長“懐刀”金銭トラブル説も

  • 閲覧数(12)

 警視庁組織犯罪対策4課は10月20日、昨年10月、赤坂のビルで起きた発砲事件に関する銃刀法違反(発射)容疑などで、指定暴力団「住吉会」系の窪岡誠二組員(54)を逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。窪岡容疑は否認。ビル付近の防犯カメラの映像などから窪岡容疑者が浮上したという。
この発砲事件については、発生時、本紙でも報じている。
このビルは「アイビー化粧品」(4918。JQ)の本社ビルだが、同ビルには裏社会にも通じるA氏の会社が入居していたことから、本紙はこのA氏とのトラブル関連の見方を紹介している。
ところが、ここに来て、何といま、国税が入っているということもあり、大手マスコミも注目している日本大学の田中英寿理事長(JOC副会長でもある)の“懐刀”といわれる人物と関係する会社も入居しており、そことの金銭トラブル説が浮上して来た。
いったい、どういうことなのか?

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧