アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

警視庁も捜査ーー流出した学研株のサルベージを暴力団組長に頼んでいた? インデックスHD

 ジャスダック上場の「インデックス・ホールディングス」(東京都世田谷区)の落合正美社長(写真)が、掘篤取締役(当時)に指示し、経営コンサルタント会社P社を通じて、学研株を担保に、「ジャパンコーポレーション」(大阪市中央区)から資金調達したところ、ジャパンの上田実代表が契約条件に背き、即、学研株を叩き売ったことは契約書コピーも提示し、前回述べた。
貸金は約9億円。学研株の時価は約17億円もするのだから、詐欺グループの一味としては売らない手はないと言うことだろう。
落合社長がその事実を知って、驚いたのはいうまでもないだろう。
提携している学研株を担保に入れることを学研には断ってなく、それは裏切り行為。しかも、インデックス役員会を通してなかったのだから特別背任罪に問われる可能性もあるからなおさらだ。
そこでそのサルベージ(回収)に動こうとしたが、その仕事は落合氏など素人ができる仕事ではない。
そこで驚くなかれ、その回収をその世界の住人、もっとはっきりいえば、現役の暴力団組長に頼んでいた疑惑が出ている。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧