アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

背後に広域暴力団武闘派組織ーー当局も注目する都内ビル乗っ取り事件

今年9月、東京地裁に都内のあるビルの所有権移転を元に戻せとの民事訴訟が提起された。  それだけ聞けば、よくある民事の争いと思われて当然だが、以下のような人物が登場するとなると関心が向く。  まず、被告の不動産会社Fだが、同社は指定暴力団山口組系有力組織の企業舎弟と一体の関係にある。  それから、このF社が乗り込む前、S氏なる人物が登場。1億2000万円の根抵当権を同ビルに設定しているが、このS氏は7年ほど前に世を騒がせた偽たばこ事件で逮捕・服役していた御仁。  不良中国人とわが国の暴力団関係者などが結託し、中国の密造工場から「セブンスター」、「マイルドセブン」など約5万3000個を密輸入し、わが国で裁こうとしたもので、戦後の混乱期以来の大規模な偽たばこ事件ということで話題を呼んだ。  さらに、このビル乗っ取り事件に関与していた職業不詳のK氏は今年9月下旬、射殺されるという事件も起きている。犯人は別の暴力団関係者Aで、「金銭関係のもつれ」と自供している。 (写真上2点は北朝鮮産の偽たばこ。下は問題の都内ビル)  さて、提訴の内容だが、千代田内の9階建てビル所有者は資金難から、F社から1億2000万円を借りた。返済期日は2カ月後だったが、それだけで利子が5500万円というベラボーなもの。要するに、F社は闇金融も行っていたわけだ。  そのため、通常の金銭消費貸借契約書は交じらせないとして、F社はビルを購入する頭金として支払ったかたちを取ることを提案。しかも登記上、所有権はF社に移された(ただし買い戻し特約付)。  返済期日が来て、原告は支払おうとした。すると、F社は1億2000万円はそもそも頭金だったと言い張り、受け取りを拒否。そしてビルのカギを勝手に替え、占拠してしまった。  もちろん、F社は頭金以外はビタ一文支払わない。同ビルは約20億円の値打ちがあり、先に12億円ほどの抵当権が設定されていたが、それでも差し引きF社は7億円近くの儲けとなる。 「最終的な話し合いの場にはF社のバックの企業舎弟代表も出てきて,代紋をちらつかせたんですから完全に事件ものですよ。しかもF社は同じような手口で、他にも複数の都内ビルを乗っ取っているようです」(事情通)  実はこの指定暴力団とは後藤組。同組といえば、菱和ライフクリエイト事件ではトップの後藤忠政組長(写真)を逮捕したものの、菱和ライフ社長は無罪となり、後藤組長の公判も当局側にとっては厳しいとの見方もある。こうしたなか、当局としてはなおさら関心が向くというものだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧