アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

7月29日、反原発連合が脱原発「国会大包囲」を呼びかけ

 毎週金曜日夕方、「原発の再稼働反対」をスローガンに万単位の市民を結集させてきた「首相官邸前抗議行動」だが、明日27日(金)は行なわない。その代わり、29日(日)に、「国会大包囲」を呼びかけている。 首都圏反原発連合のホームページによれば、夕方7時より国会議事堂正門前で、国会議員も列席するキャンドル集会をおこなうという。  大飯原発3、4号機は再稼働したが、反原発の世論は衰えていない。去る7月16日、代々木公園で開かれた「さようなら原発10万人集会」には、主催者の予想を超え、17万人が結集した(写真)。「国会大包囲」にどれだけの市民がかけつけるのか。予想するのは難しい。 この間、官邸前抗議行動には、従来から脱原発を掲げている社民党や共産党の議員に加え、新党日本の田中康夫(写真)、新党大地の鈴木宗男、「国民の生活が第一」の三宅雪子ら各議員が参加してきたが、7月20日には鳩山由紀夫元首相も抗議行動に加わり、話題を呼んだ。「国会大包囲」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧