アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<ミニ情報>スクープした「パチンコチェーン重大疑惑」控訴審判決、本紙側が逆転全面勝訴

 本日午後1時半から東京高裁(南敏文裁判長)で、本紙が徹底追及し、いち早くその疑惑を報じたところ、名誉毀損だとして、元税理士・朴茂生氏と「ニックス租税研究所」(東京都千代田区)に提訴され、争われていた名誉毀損に基づく損害賠償請求事件(請求額は2000万円)の控訴審判決言い渡しがあった。
1審判決(11年11月)は本紙・山岡が朴氏、ニックス双方に100万円づつ支払えとの判決だったが、本日の控訴審判決は、その1審判決の山岡敗訴部分を取り消すなどとし、全面勝訴だった。
詳細は判決内容を吟味し、近く報じるつもりだ。
いずれにしろ、本紙が「Sスキーム」に疑惑を呈し、「脱税疑惑」があると表現したことは相当と認められたということだ。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧