アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

振り込め詐欺グループと、石元太一被告のある接点

 警視庁などの合同捜査本部は11月19日、架空の社債購入を持ちかけ、高齢者から2000万円騙し取ったとして、住所不定の無職、松下憲二容疑者(28。冒頭写真)を詐欺容疑で逮捕した。
松下容疑者が以前住んでいた東京都新宿区西新宿のタワーマンションに数部屋「金庫部屋」として借りており、そこから計2億円以上のキャッシュが見つかり、テレビのニュースではその映像(下写真)も流れた。
この詐欺グループ、全国の高齢者を中心に少なくとも約380名から総額30億円を集めていた。
 合同捜査本部は今年5月、同じ容疑で28名を一斉逮捕。以降、別に主犯格がいると睨んで捜査した結果、今回の逮捕に結びついた。
一方の石元太一被告(30)といえば、あの海老蔵事件の現場にもいた「関東連合」元リーダーのこと。
今年9月、別件の詐欺容疑で逮捕されて以降、11月9日には3度目の再逮捕(つまり逮捕4回)。未だ保釈どころの話ではない状況だ。
そして、この詐欺グループと石元被告にはある接点があった。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧