アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

これが永田町に流出した二瓶絵夢「怪文書」

 本紙でも既報の、詐欺未遂事件で逮捕されたジャーナリスト・二瓶絵夢容疑者。  東京地検特捜部に、委任状の偽造を認める供述をしているようだが(写真=「毎日新聞」10月14日)、未だ彼女を取り巻く政界人脈の全貌や、彼女の本当の目的などは闇の中だ。  こうしたなか、本紙は彼女に関する「怪文書」を入手した。  永田町界隈に出回っているもので、「ハニートラップ『二瓶絵夢』の罠」なるタイトルが付いている。  1枚で、怪文書というより、人脈チャート図といった方がいいかも知れない(以下に転載)。  すでにネットの「論談」では、「記者倶楽部」においては取り上げられているものの(10月10日)、怪文書をそのまま載せたものではない。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧