アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「利権フィクサー秋山直紀氏との関係」(田中みのる。『週刊金曜日』07年9月21日号)

 先週金曜日発売の『週刊金曜日』のこの記事が、永田町や防衛庁関係者の間でちょっとした話題になっている。  東京地検特捜部は現在、防衛関連企業「山田洋行」の疑惑で捜査しているとも言われるが、同記事はその関連でも名前が出ている秋山直紀氏と三菱重工との密接な関係を指摘しているからだ。  週刊金曜日は昨年から、不定期で「巨大兵器産業 三菱重工の正体」シリーズを連載しており、その第9回目。書き手は社民党の機関紙「社会新報」記者で、同紙にこれまで書いたものを総まとめしたものだ。  だが、時期が時期だけに、関連でさまざまな憶測も流れている。 (写真記事中の人物は石破茂元防衛庁長官・右と秋山氏・左)  この記事中、秋山氏の所有していた東京都豊島区目白2丁目のマンションの2部屋の所有権が変更していたというのも気になる(写真はその一つの登記簿)。  新所有者は米国ワシントンDCの会社だが、「実質、秋山氏の会社じゃないか。結局、アドバックで借金を拭いてもらって、サラにして返してもらった。彼が米国の手先と批判される所以だ」(事情通)とも。  同記事では最後に、東京地検特捜部がこの11月に捜査に着手するとの記述があるが、確かにいま、担当記者などの間では同様の情報が出回っている。そして、容疑は「粉飾決算」という観測も出ている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧