アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

元検事も関与? “抜け殻”にされた仕手銘柄「中外鉱業」の重大疑惑

   精金事業主体で、近年は不動産事業への進出などもしている東証2部上場「中外鉱業」(本社・東京都千代田区)の株価が暴落している(写真の株価チャート図参照のこと)。  これまでかろうじて額面(50円)割れを回避していたが、9月12日には30円台に一挙に下落し、現在は20円台。株価から判断すれば、“死に体”といっていい。  だが、それも無理はない。  暴落の前日(9月11日)、同社は業績の大幅下方修正を行った。  大幅などというものではない。  中外鉱業は年間売上高200億円程度(連結。以下同)、07年3月期こそ約12億円の黒字としているが、03年3月期以降4期連続赤字。そんな同社が突如、年間売上を上回る259億円もの特別損失を計上したのだ。25億9000万円でも驚きだが、その一桁上なのだ。  この巨額の損失は、投資事業(金融会社と投資会社への貸し付け)への失敗で、同社は同事業から撤退すると共に、その不良債権をサービサーに譲渡し、清算すると表明もした。  だが、同社のこの言い分を鵜呑みにはできない。  中外鉱業は業績不振から、この4?5年、第3者割当増資などを連発。その度に株価が乱上下し、兜町関係者の間では有名な仕手銘柄だった。  実はこの仕手戦に参加した者が、仕手戦だけでなく、同社の経営にも深く介入。今回の投資事業を行わせ、挙げ句、同社に大損をさせた。しかも、損失を過大に見せてさらに資金を搾り取ろうとしている疑惑まで出て来ているからだ。  中外鉱業の開示情報によれば、巨額の損失を出した資金貸付先として3社の名前を挙げている。「国際ファイナンス」(代表・坂本豊)、「新日本ファイナンス」(池谷伸一)、「第一商事」(関根稔)。  ところが、驚くなかれ、この3名、中外鉱業の過去の大量保有報告書提出者に出て来るのだ。 「コンフィルメ」(経理・坂本豊)、「プロスパー」(代表・池谷伸一)、「インベスト」(業務上連絡先・関根稔)といった具合(写真)。  これが偶然のわけがない。  それに加え、この3社により発生した巨額の中外鉱業の不良債権譲渡先であるサービサー「アイ・ティ債権回収」(東京都中央区)だが、そこの取締役に就任している雨宮英明氏は、ついこの間まで中外鉱業の監査役を務めていたと来ている。そして、買取価格は債権のたったの0・3%。3%ですらない。タダでやったといっていい。回収できれば、その分、サービサー側の丸儲けといっていい。  そもそも、100%が回収不能になるようなことをしたら社長以下、役員は全員土下座して侘び、解任されてしかるべきだと思うのだが、10カ月間の給料50%カットで済むというのだから、上場企業の役員とは気楽なもの。やりたい放題といっていいだろう。  おまけに先の雨宮氏、元検事というから恐れ入る。  なぜ、前述したような重大な疑惑を招く舞台に堂々と名を出すのか。  東京証券取引所には、すでにこの疑惑について株主から問い合わせが行っていると聞くが、返事はなしのつぶてとのこと。それは中外鉱業もしかり。  もっとも、証券取引等監視委員会等はこの件に重大関心を持っていると聞く。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧