アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

北側一雄公明党幹事長(注・訂正記事あり)も騙された? ロシア政府関係者も巻き込んだ日本支店長就任予定者は詐欺師

北側一雄代議士(写真)といえば、公明党幹事長であり、前国土交通大臣。その北側氏(訂正記事あり)に加え、経団連のロシア政府担当者も騙されているとする詐欺疑惑が浮上している。  関係者によれば、この首謀者は金融ブローカーのN氏、それにブローカーのY氏とのことだ。  このY氏の方、ロシアのプーチン大統領の補佐官だったS氏(奥さんは日本でロシア語の先生をやっている)にある縁から取り入り、ロシアのさまざまな利権話をわが国関係先に持ち歩いているという。北側代議士には以前から食い込んでいるとのこと。そしてY氏は資金がないことから今回、金融ブローカーのY氏を引き入れたのだという。  現在、ロシアの中堅銀行がわが国に進出すべく、すでに支店開設の準備が進められているという。  これも補佐官だったS氏を通じてプーチン大統領側に根回ししたもので、三菱東京UFJ銀行も関係しているという。  そしてつい先日、経団連のロシア担当メンバー、前出のN、Y氏等は訪ロ、プーチン大統領にも会っているという。そして、あろうことかN氏が日本支社長に就任する方向で事は運んでいるというのだ。  もっとも、この2人は知り人ぞ知る有名な詐欺師で、特にN氏に関しては英語に弱い日本人を相手にL/C(信用状)等の偽造有価証券を使った手口で過去50億円、100億円単位の被害者を出ているという。  俄かには信じ難いが、近くN氏等の犯罪を裏づける証拠資料が届く予定なので、入手次第公表するつもりだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧