アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

中国産うなぎから禁止物質ーー国産は大丈夫? リパック品疑惑

群馬県は7月13日、県内のスーパーマーケットで販売されていた中国産の冷凍うなぎ蒲焼きから、発ガン性もあり、国内では養殖魚などへの使用が禁止されている合成抗菌剤「マラカイトグリーン」の代謝物が検出されたと発表した。  この蒲焼きは、徳島市の水産物卸売会社「徳島魚市場」(写真)が輸入したもの。  群馬県の保健所府は食品の安全のために、定期的に県内店舗から食品を抜き取り検査している。その一環として6月25日、量販店から回収した同サンプルから検出された。  徳島県は販売自粛を指導。すでに群馬県内に卸した未販売分は回収済みだが、徳島魚市場は約2万?を輸入、すでに東京都や静岡県など他の関東方面にも広く卸しているという。  中国産うなぎは輸入時、検査が義務づけされているがそこでは問題なかった。また、問題の物質は微量のため、継続して摂取しない以上、直ちに健康被害が出ることはないようだ。  ところで、本紙はすでに2年以上前、「大手水産会社子会社も関与? 中国産の国産うなぎ偽装販売疑惑」なるタイトル記事を報じている。関係者の告発によるものだった。  同記事では、国産養殖うなぎは河川で天然稚魚を捕獲、それを池で育てるが、それには伝統的にやくざやエセ同和が介入する余地があり、また養殖できる土地ということで国産養殖うなぎは四国産が多いこと、また前述のやくざ、エセ同和との関係から並行して中国産を詰め替えて「国産」と偽って売る(リパック品)のも同地域が多いと記した。  今回、その四国の徳島県内の卸会社が関わっていたことから、当時の本紙記事が再注目されている。  誤解のないように断っておくが、本紙が以前の記事でリパックして疑惑があると報じたS社はもちろん「徳島魚市場」ではない。  また、言うまでもないことだが、今回の件はあくまで中国産うなぎで、本紙が指摘したリパックした国産品から問題物質が検出されたわけではない。  だが、これを機会に、改めて国産品だって、リパック品が相当数出ていると思われ、決して高額を払ったからといって安全とは言い切れないと言っておこう。  なお、養殖うなぎ生産が盛んなのは四国だけではない。九州、なかでも熊本県や宮崎県も盛ん。そして、疑惑の業者には地元県議、地元出身の代議士などが付いており、その政治力で持って疑惑発覚を阻止している。  リパック品が存在するのは間違いない。掲載した(写真=「朝日新聞」05年7月24日)ような出来事も起きている。そしてこの卸会社は高知県にあった。  もっとも、後日、この高知の会社は支店で、本店は静岡市にある「フジ活鰻産業」だったことが判明している。また、同社は加工・包装過程で誤って混入させたと説明している。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧