アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

朝日新聞が「偽装業務委託」?ヘラルド朝日労組の投げかけたもの

朝日新聞といえば、「ネットカフェ難民」と言われる日雇い労働者の取材や、キャノンの偽装請負問題の追及など、立場の弱い労働者への取材をしっかりおこなっている。そんな印象がある。  ところが、その朝日新聞の英字紙「ヘラルド朝日」で働く人たちは、労働者としての権利は一切認められず、労働組合をつくればつぶされるというひどい労働実態にあることが、編集部員たちが起こした裁判(2005年?)によって明らかになった。 労組を結成した途端、はげしいイジメが  ヘラルド朝日労組のメンバーとして、労働者としての地位確認を求めて朝日新聞を訴えている、現在フリーで通信社記者をしている松元千枝さんにお話を伺った。  英字紙ヘラルド朝日では80人弱の人々が働いており、朝日新聞の正社員や、アルバイト、派遣労働者など細分化された形で編集スタッフが構成されていた。しかしそのなかに、そのいずれの雇用形態にも該当しない人たちがいた。フルタイムで働いているが、日給制で、雇用保険も社会保険も、労災も一切ない人たちだ。20人ほどそうしたスタッフがいたが、松元さんもその1人。  あるとき、嘱託契約で働いていたアイルランド人(労働運動が盛んな国柄)の記者が、松元さんたちの労働実態に疑問を持った。そこでまず、主に正社員で構成する朝日新聞労働組合に相談したが、正社員の雇用確保で精一杯、「そこまで面倒は見切れません」と断られたそうだ。そこで、不安定雇用で働くスタッフが集まって、2002年11月、18人で「ヘラルド朝日労組」を結成した。ところがその途端、予想しなかったほどの会社側からの圧力がはじまったという。「まさかこんなことができるのか、と。昨日まで『千枝ちゃん、元気』と言っていた人が、労組を結成した後は、目も合わさず、一夜にして話もしなくなる。記事の相談をしたくてもできない雰囲気になったんです」「ある翻訳担当の人は、それまで重要な翻訳を任されていたのに、急に商品の解説といった初歩的な仕事しか与えられないようになった」「私自身も『あなたはちょっと別だから』と露骨に差別されました」「いじめがつらくて労組を脱退すると、今度は手のひらを返したように、食事に連れて行ってもらった人もいるようです(笑)」。  組合結成は事前に会社側に漏れていた。「結成は隠密にやらなきゃいけないのだけど、情報が漏れてしまった。そこから組合つぶしがはじまっていた。会社側は非正規の労働者にひとりひとりアプローチして、『あなたはどうするの?』『組合なんてやめたほうがいいよ』と根回し。後に労組の副委員長になった人は、デスクから『組合なんて入っていると、転職したときに見栄えが良くない。将来のことを考えたら組合なんてやめたほうがいい』と言われたそうです」。  ヘラルド朝日労組が加盟している全国一般労働組合東京南部には、ジャパンタイムズ、デイリー読売など他の英字紙の組合も加盟していた。それら労組と比較しても「朝日はひどい」との声が全国一般の組合員から上がっている。たとえばデイリー読売は労組の要求に対応して雇用を整備し、非正規とはいえ労働者として認めたという。  朝日新聞側は労組の要求をまったく認めない一方で、労組員へのいじめを強めた。「会社側の作戦は成功しました。労組の解体は早かったです」。松元さんら日本人組合員4人は、2005年4月に「契約打ち切り」の名目で解雇された。外国人2人だけが国際編集部に残ったが、そのうちの一人は「いやがらせ」で辞職し、もうひとりは「自分1人ではいじめの矛先が集中する。怖くていられない」と労組を脱退。いまは、会社に労組員は誰も残っていない。 「労働者か業務委託か」 地位確認求めて朝日新聞を提訴  2005年7月、松元さんら3人が原告となって朝日新聞を訴える裁判が始まった(解雇されたのは4人だが、いじめによる「精神的負担」のため裁判に加わらなかった人が1人いる)。裁判は、自分たちと会社との関係が、労働基準法の適用を受ける労働者としての地位にあったことの確認と、それに伴う賃金の支払を求めるものだった。  果たして松元さんたちの立場は労働者なのか、それとも業務委託を受けた人に過ぎないのか。3人とも、契約書は交わしていないので、労働実態で判断することになる。  争点は大きく分けてふたつ。ひとつは、「時間拘束」があったかどうか。まず「時間拘束」だが、3人とも1日8時間労働で、タイムカードはなかったものの、出退勤の時刻もほぼ決まっていた。朝日新聞東京本社内で、正社員と肩を並べて業務に就いていた。つまり、一般的な労働者の勤務形態とほぼ同様だった。これに対して会社側は「社内でやってくれとは一度も言ったことはない」「在宅でやってもらってもよかった」と応えている。  もうひとつの争点は、「指揮命令下」にあったかどうか。たとえば、編集部のデスクが「この記事、書いてくれない?」とスタッフに執筆を頼んだら、スタッフはそれを拒否できたかのかどうか。訴状によると、翻訳の仕事をしていたKさんは、翻訳をすべきものをデスクから指示されていたし、追加取材で新たな情報を得た場合、それを記事に入れるかどうかは必ずデスクの指示を仰いでいたという。これに対し会社側は裁判で、「原告らと同じ立場にある同僚がデスクの指示を拒否したことがあるが、そのような場合であっても、当該デスクは原告○○に愚痴をこぼすくらいのことしかできなかった」と証言している。  労働実態とは別の重要な争点と思われるのが、給与の支払われ方である。訴状によれば、原告らに対する支給は、名称こそ「原稿料」になっているが、原稿の量によって金額が定められているのではなく、勤務時間か勤務日数で金額が定められている。そうだとすれば、給与は労務提供に対する対価として支払われていることになる。これに対して会社側は、「翻訳や執筆された原稿等の質を個別に検証し、これに応じて報酬額を決定する」のは非常に煩雑なので、「時間をかければいいものができる」という理由で勤務時間か勤務日数で金額を定めた、としている。 社員以外は労働者ではない? 東京地裁のおかしな判断 今年3月19日に東京地裁が下した判決は、原告の全面敗訴だった。松元さんは「判決は原告の言い分をまったく無視しています」と憤る。たとえば、上記の争点の他にも、原告の一人であるKさんが業務を開始するにあたって、会社側と勤務時間や出勤時間をメールでやりとりしており、法廷で証拠として採用されている。裁判所も、(そのメールには)「被告と原告Kの契約が雇用関係であるかのような記載があることは否定できない」と認めている。  ところが裁判所はここで、驚くべき判断をしている。つまり原告は正社員になるためには入社試験を受ける必要があることを知っていたが、原告は入社試験を受けていない。だから原告も自分たちが雇用関係にあると認識していなかったはずだ、と断定しているのである。 これはおかしな判断で、これでは正社員以外は労働者でないことになる。そもそも、松元さんらは正社員として認めることを要求しているのではない。非正規であれ、雇用関係にある労働者として認めてほしいというのが主旨だ。  今、非正規雇用で働く人々が激増しているが、非正規は労働者ではないとしたら、多くの人がまったくの無権利状態に落ち込むことになってしまう。現実にはこの間、製造現場では、雇用主責任をまぬがれるための「偽装請負」が横行し、社会保険も労災も残業代もなく働かされている人々の実態が暴かれてきた。「社員以外は労働者ではない」と裁判所が判断したとするなら、こうした悪化する労働環境の流れを促進することになりはしないか。 松元さんら原告3人は、3月30日、控訴した。 「編集方針と労務方針は違いますから」 朝日新聞の呆れたダブルスタンダード  松元さんらが衝撃を受けたのは、労組を結成してからの会社側の態度の豹変ぶりだが、当初は「朝日新聞が報道していることと、実際に私たちにしていることの矛盾をすごく感じました」と言う。会社と労組の団体交渉の場で、ある労組員が、偽装請負を告発する朝日新聞の記事を持参して示しながら、「こういうしっかりした報道しているあなた方が、なぜ労働者としての権利を認めないんですか?」と追及したところ、ある労務部の部長は「編集方針と労務方針は違いますから」と平然と応えたという。松元さんが言うには、「個人的に一般の記者に話すと、それはおかしい、と言ってくれる。会社の経営部と一般社員の考え方が一致していないのでしょう」とのことだが、これでは人権のダブルスタンダードと思われても仕方があるまい。  いま松元さんらは、引き続き裁判をたたかいながら、労組として朝日新聞社前のビラまきを定期的に行っている。また今年9月には他の無権利雇用の労働者と連携して、集会を準備しているという。こうした地道な活動をおこなっているものの、マスコミの取材としては今のところ本紙の他には『ビックイシュー日本版』(72/2007年5月15日号)、『週刊新潮』(2007年5月21日号)」、『サイゾー』(8月号/2007年7月18日発売予定)しかとりあげていない。  「朝日の社員や読者、それから世間一般の人に、こういう矛盾があることを知って貰いたいのが裁判を起こした一番の理由です」「大手マスコミは、良かれ悪しかれ世論を動かす。朝日新聞が自社で働く人々の権利をきちんと認めれば、他の同じように権利を主張している仲間にもきっと波が届くと信じています」と松元さん。 業務委託契約は、マスコミ関係の会社から発祥したと言われている。裁判の行方によっては、マスコミの雇用実態に大きな影響を与えることになるだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧