アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「サイバーファーム」元社長の近況

 H氏なる人物(冒頭左写真)をご存じだろうか。
沖縄に本社を置く唯一の上場企業「サイバーファーム」(ヘラクレス)の社長をしていた御仁だ。
だが、同社は09年1月30日、破産申請を行い上場廃止に。しかし、そのわずか2カ月ほど前に中国の上海石油企業集団と業務・資本提携を発表し、同社株価は一挙に7倍にも急騰した。その一方で、破産申請のわずか半年前に東京・田園調布の億ションの名義がH氏本人から奥さん名義に代わっており(冒頭右写真)、債務逃れの詐害行為の可能性があると本紙は指摘したこともある。
こんな状況での破産申請、上場廃止だったのだから、当然、怒り心頭の株主や債権者は多いはず(サイバーの負債額は約87億円。配当は1%前後に過ぎない。子会社だった航空運送業「エアードルフィン」も破産。労働者派遣「サイオン」は期限内書類未提出で沖縄労働局が業務停止に)。これでは信用は失墜し、事業家としての再起は不可能で、細々と生きていると思っていたら……。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧