アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

緊急寄稿「バージニア工科大学乱射事件に犯人を駆り立てた背景」

筆者・生田哲(薬学博士) 1955年生。東京薬科大学卒。がん、糖尿病,遺伝子研究で有名なシティオブホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの博士研究員を経てイリノイ工科大学助教授(化学科)。 今回の事件、そしてわが国でも少年や青年による凶悪事件が後を絶たない中、さまざまな動機等が出ているが、筆者がつい先日出した『インフォドラッグーー子どもの脳をあやつる情報操作』(PHP新書)は、テレビゲームが覚せい剤同様、脳内ドーパミンを大量に放出、ゲーム依存症にさせ、脳と心に深刻なダメージを与えることがあるとの説を取り上げ、大きな反響を呼んでいる。 コロンバイン高校射事件犯人を「殉教者」と称えていた犯人  2007年4月16日、ふだんは静かなバージニア工科大学のキャンパスで、突如として乱射事件が発生した。合計32人もの犠牲者を生み全米で最大規模 の乱射事件となった。 犯人のチョ・スンヒは同学の学生で23歳。事件の経過はこうだ。彼は、午前7時15分、寮の4階で2人を射殺した後、自分の寮にもどる。そして、近くの郵便局で犯行声明のビデオの入った小包をNBCニュースあてに送る。 午前9時45分、寮から校舎に移動し、授業中の2階の教室をまわり、銃を乱射する。30人を射殺した後に、自ら命を絶った。 死んだふりをすることで惨劇から生き残った学生の1人は、「犯人はなんの表情もなく、うつろな目で撃ちまくった」と語る。 小包に入っていた声明ビデオには、自分のように「弱くて無防備な人々」を犯し、辱め、いたぶってきた「キリスト教の犯罪者たち」に報復を誓っている。 また、犯人は裕福な学生も気に食わなかったようで、「おまえらは欲しいものは何でも手に入れる。ベンツだけじゃ足りないって? 金のネックレスじゃ不満か?」などと罵倒している。 そしてコロンバイン高校乱射事件の犯人「エリックとディラン」の名前をあげ、「殉教者」とたたえてもいる。彼は、8年前に発生したコロンバイン高校乱射事件の影響を強く受けていたのである。 1989年4月20日、コロラド州デンバー郊外のリトルトン市という静かな住宅地にあるコロンバイン高校で銃乱射事件が発生した。同校のカフェテリアで、2人の男が、突然、ライフルの乱射をはじめた。2人は、同校2年生のエリック・ハリス(18歳)とダイラン・クレボード(17歳)。彼らは生徒12人と教師1人の合計13人を殺害、さらに23人に重傷を負わせた。犯行後ふたりとも銃で自殺した。 (写真=「毎日新聞」4月17日夕刊) 抗うつ薬SSRIを服用  コロンバイン高校乱射事件で注目すべき点が2つある。まず、最初は抗うつ薬SSRIの服用である。 犯行のリーダー役とされるエリックは、事件の1年前の1988年4月から翌年3月までに合計10回、医師からSSRIのルボックスを処方されていた。 そして解剖によってエリックの体内から大量のルボックスが見つかっている。彼は間違いなくSSRIを服用していたのだ。 一方、もうひとりの犯人ダイランについては医学的な記録は封印されたままであるから、薬の服用の有無、あるいは、どんな薬を服用していたのかは不明である。しかし、彼はエリックといっしょにキレやすい少年を対象にした「怒りのマネージメント・クラス」の受講生にひとりであった。そして「怒りのマネージメント・クラス」の参加者のほぼ全員が抗うつ薬を服用させられるのが現状であるから、ダイランもSSRIを飲んでいた可能性が極めて高い。 SSRIは「うつを改善する」という触れ込みの抗うつ薬で、アメリカでも日本でも飛ぶように売れている。その代表が、プロザック(日本では販売していない)、パキシル、ゾロフト、ルボックスである。 SSRIを一言で表現するとこうなる。「脳内のセロトニン不足が原因で鬱病が起こるという仮説(セロトニン仮説)にもとづき、脳内に存在するセロトニンをより効率的に使うための薬である。 要するに、うつは、脳の興奮が不足した状態と考えられるから、セロトニンをより効率的に使うことで、興奮の程度を少し高めてやれば、うつは回復するという仮説なのである。 SSRIの錠剤を口に含むと脳が興奮し、眠気が消える、エネルギーに満ちた気分になる、爽快感があるなどのプラス効果があらわれるのだが、その一方で、不安になる、動揺する、落ち着きがなくなる、イライラする、うつや自殺願望を引き起こす、人を暴力犯罪にかりたてるなどがあげられる。この詳細は拙著「うつを克服する最善の方法」(講談社+α新書)で述べた。 SSRIが暴力を助長したと思われる悲惨な事件はこれまで報告されただけで、すでに1000件を越えているのである。 SSRIの作用も副作用も覚せい剤とほぼ同じなのは、脳を興奮させるしくみが両者でほぼ同じなのだから、当然の結果というほかない。SSRIは脳を異常なまでに興奮させる危険な薬であり、うつの治療に使うべきではない。 テレビゲームに取り憑かれていた  もう1つの注目すべき点は、暴力ゲームだ。彼らは「ドウーム(最後の審判)」という暴力と流血描写の多いテレビゲームにとり憑かれ、事件の発生する前に数百時間もプレイしていた。2人とも暴力ゲームにハマっていたのである。 とりわけエリックは「最後の審判」のゲームソフトを改変し、彼の憎む近隣の住民を敵のキャラクターとして登場させて銃撃の標的にしていた。彼らは教室から教室へと獲物を追うように動き、目についた人のほとんどを笑いながら、殺害していった。 人はこんなにも残酷になれるものだろうか。暴力ゲームが2人を殺人鬼にするのを助長したのだろうか? 私は、自信を持って「イエス」と答える。ゲーム には依存性があること、ゲームのしすぎで暴力的な子どもができてしまうことを、拙著の最新刊、「インフォドラッグ、子どもの脳をあやつる物質」(PHP新書、2007年5月2日発売)で詳しく述べた。「インフォドラッグ」は筆者による造語である。 コーヒー、酒、タバコ、薬などの物質は脳に入り、私たちの気分を変える。同じように、映像といった「情報」もまた私たちの脳に作用し心を変えるから「インフォドラッグ」と呼んだのである。とりわけ、最も強力な「インフォドラッグ」は、子どもを捕らえて放さないテレビゲーム、なかでも、暴力映像や性的刺激の強い画像の豊富な暴力ゲームである。 前頭葉の発育不足から暴力的に  人はもともと暴力的な生き物ではない。暴力や殺人には嫌悪感を抱くものなのだ。ヘビでも、ピラニアでも、動物は本能レベルで同種の殺しあいを避けるものだ。人の本能だってそうだ。しかも、人には高度に発達した脳の前頭葉には「衝動コントロール」という暴力を防ぐしくみが備わっている。 だが、テレビゲームのしすぎによって子どもが実体験を積めず脳が十分に発達しないと、前頭葉の発育不足のために、衝動コントロールがうまく働かないのだ。 もしも暴力映像を毎日長く見るなら、脱感作と暴力の条件づけを受けて、暴力を振るいやすい人、キレる人に変わっていく。 脱感作とは、もともと人に備わっている殺人を嫌う抵抗感が、暴力映像をくり返し見ることによって薄らいでいくことをいう。要するに、脱感作とは暴力への感受性が鈍り、暴力を見ても何とも思わなくなることである。 そして暴力の条件づけとは、過激な暴力シーンをたくさん見ることによって、子どもは、ためらうこともなく、反省することなく、条件反射で暴力を振るうように認識や感情がすっかり変わることをいう。 とりわけ、危険なのがシューティングゲームだ。「ドウム」 「デューク・ヌーケン)Duke Nukem」「(モータル・コンバット)Mortal Kombat」といった残忍なシュ?ティングゲ?ムの目玉は、誰かが暴力を振るうのを第3者の立場で見るのではなく、当事者の立場でプレイヤーが銃の引き金を引き、ダメージを発生させることに尽きる。当事者の立場でプレイするゲームの特徴は、その暴力映像はテレビや映画と同じほど鮮明であるだけでなく、プレイヤー自身が実際に暴力行動を起こすことである。 こうして子どもたちは、敵を見たら反射的に撃つことをくり返し学習する。そしてついには、普通の少年が暴力的な人に変わってしまうのである。 インフォドラッグから子供を守るには では、どうすれば子どもの脳をインフォドラッグから守ることができのだろうか? ゲームは強力なインフォドラッグであるから、子どもがそれに長時間を費やせば、前頭葉は発達不全を起こすだけでなく、ゲーム依存にもかかる。親は、このことを子どもに教えてあげてほしい。 コンピュータ会社の社長は、自分の子どもたちには、どう教えているかというのは読者の参考になるだろう。 世界のコンピュータ王で人気ゲーム機「Xbox 360」を発売しているマイクロソフト社のビル・ゲイツ会長を例にしよう。彼とその妻は、自分たちの10歳になる娘に対して宿題に必要な時間を除き、1日にゲームで遊べる時間を45分、週末は1時間に制限している。ゲームの危険性を熟知している彼らは、わが子のゲーム時間をちゃんと管理しているのである。 あなたの子どもの大切な時間を暴力映像や暴力ゲームに乗っ取られないための対策を提案しよう。 1)テレビ視聴やゲーム時間を短くしよう 2)子ども部屋にテレビ、ゲームを置かない 3)子どもの読み書き能力を高めよう 4)ゆっくりしたペースの番組を選ぼう 5)幼児、未就学児童、小学生にゲームを与えない 6)子どもの話に耳を傾けよう 本当にわが子が大切に思うなら、親はゲームがインフォドラッグであるという本質を学び、愛する子どもがゲーム依存症にかからないように導かねばならない。そして、親は、テレビやコンピュータの前に座るのをやめて、外に飛び出して子どもといっしょに身体を思いきり動かしてみよう。きっと、すばらしい親子のコミュニケーションができるはずだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧