アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<書籍紹介>『絶対にリバウンドしない! 抗ストレス・ダイエット』(生田哲。講談社+α新書。838円+税)

 本書の著者・生田哲氏は、本紙では抗うつ剤やタミフルの副作用について指摘してもらうなど、本当に読者の立場からの視点で解説してくれる数少ない専門家だ(薬学博士。元米国イリノイ工科大学助教授)。  その生田氏が絶対にリバウンドしないと、タイトルにつけたダイエット本を出したのだ。しかも自身、実践し、すでに効果を確認済というのだから、注目しないわけにはいくまい。  生田氏は流行に流されがちな市販のダイエット本、過去40年間に発表されたダイエット関連の医学論文、学術論文を徹底的に調査した結果、「やせるための原理」は4つあることに気づいたという。  それは、 (1)摂取エネルギーを減らす。 (2)栄養素を効率よくエネルギーに換える。 (3)得られたエネルギーを毎日の生活できちんと燃やす。 (4)基礎代謝を高める。  本書では、<食事・サプリメント・軽い運動>の3つを通して「健康に、美しくやせる」方法を紹介している。  単に体重を減らすのではなく、心と身体を活性化する=エイジングの視点が特徴とのこと。  さて、この「抗ストレス・ダイエット」では、なぜリバウンドしないのか?この続きは、本書を見て下さい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧