アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

吉本興業連結会社「ファンダンゴ」上場廃止の裏事情

 吉本興業系のコンテンツ会社、ヘラクレス上場の「ファンダンゴ」(本社・東京都千代田区。左写真=本社の入る吉本ビル)の株主が怒っている。  それはそうだろう。  同社は2006年2月にヘラクレスに上場したばかり。  ところが、東証1部上場の「吉本興業」はこの3月19日、ファンダンゴを完全子会社化すると発表した(右写真の表参照のこと)。  吉本興業はそもそもファンダンゴ株式の55・5%を所有しており、吉本興業の関連会社として連結決算に組み込まれている。一言でいえば、十分、吉本の支配権のなかにある会社だ。  それを、なぜ上場してわずか1年余りで完全子会社化する必要があるのか。  完全子会社化=上場廃止で、ファンダンゴの株主にとっては寝耳に水。まさに裏切り行為と言える。  吉本興業は同社自身を持ち株会社とし、その傘下にファンダンゴ始め制作、不動産、人事・経理関係会社を統治し、意思決定のさらなる迅速化を図ると言うが、そのような計画をまともにしようとしたら数年のスパンで考えていたはず。ということは、ファンダンゴはわずか1年余り前に上場したばかりなのだから、上場を見送るのが見識というものだろう。それとも確信犯で、上場益欲しさにファンダンゴ上場を行ったというのだろうか。  しかも完全子会社は「株式交換」で行うというから吉本興業は現金を調達しなくていい。しかも採用する「簡易株式交換」方式は株主総会の承認を必要としないという強行ぶりだ。  吉本興業の闇を熟知するという人物は、この突然のファンダンゴ子会社化の裏には、ある驚くべき事情があるという。  いま、吉本興業の創業家当主・林マサさんと、所属芸人・中田カウス氏との間で壮絶なバトルが繰り広げられているのはご存知の通り。  火をつけたのはマサさんの方で、『週刊新潮』で「吉本興業はこのままでは暴力団と連んだカウスに潰される!」と爆弾発言。その連載は今週で4回に及ぶ。これに対し、カウス氏は『週刊現代』で「創業家一族こそ暴力団と癒着して来た」と反論した。  本紙はかなり前、創業家と暴力団関係者との具体的な癒着に関して報じており、最近も追加報道した。  だが、前出の人物によると、創業家と暴力団の癒着など、ある役員の癒着に比べれば可愛いものだという。 「中田カウスはダミーです。彼を裏で操っているのは副社長の大崎(洋)ですよ。彼こそが最も暴力団と癒着しているんです。彼はファンダンゴの取締役も兼務していますが、彼のファンダンゴに対する影響力は大きく、実は暴力団との金銭的なものが同社を通して行われているんです。  そのことは林マサさんもわかっているが、その事実を表に出せば吉本自身も傷つくのでいまのところは黙っている。だが、この対立の中、ガラス張りの状態である上場のままファンダンゴを置いているのはマズイという判断で上場廃止に踏み切ったというわけです」  要するに、上場廃止の最大の目的は有り体にいえば“証拠隠滅”なのだという。  本紙は大崎氏と暴力団関係者のつきあいに関して具体的な話も聞いているが、それは追って報告する。  なお、創業家一族と暴力団関係者の具体的な癒着を物語るS社に関して、さらに少しだけ追加報告をしておきたい。 「サムエンタープライズ」を使って故・林裕章前会長がカネを流したのはバクチ(もちろん非合法な)で大負けし、その返済のためだったという。  一方、そのS社は周防郁雄氏率いる「バーニング」との間で返済を巡って揉め、提訴され、約1億円の返済が確定したこともあったという。だが、S社は清算されたことからバーニング側は損金処理せざるを得なかったという。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧