アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「巧妙化する高齢者狙いの催眠商法、原野商法は2次、3次被害が続出」(『ベルダ』07年4月号。本紙・山岡)

最近、高齢者を狙った詐欺商法がより悪質化している。  例えば、○○祝いに日用品を無料で配るからと言われ会場に行ったら、最後に高額の温熱治療器などを買わされるという催眠商法、以前はここまでだったが、最近は無料の日用品を自宅に届けてあげると言われ、自宅に上がり込んで2人切りのところを脅す。  一方、原野商法といえば、バブル時代、ガケ地など二束三文の土地を高値で売るのが手口だったが、最近はその当時、買わされた土地を売ってやるといって整地代名目などで高額手数料を取る、さらには、その際に印鑑証明書などを騙し取り、それで持って終の住処の自宅にデッチ上げの抵当権を付け、架空の債務を払わなければ自宅を競売にかけると脅すことまでやる。  その悪質極まりない例を、連載中の総合情報誌『ベルダ』(写真。ベストブック)で紹介した。以下、転載する。  くれぐれも甘い言葉にはご用心を。   (写真は原野商法3次被害で、抵当権を設定された都内の被害者=70歳・男性宅) 編集 | 閲覧数 (23212)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧