アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「21LADY」の第三者割当増資を引き受けるファンドの正体(*注 訂正あり)

  • 閲覧数(40)
 子会社の洋菓子「ヒロタ」が中核の「21LADY」(3346。セントレックス。東京都千代田区)は3月14日、第三者割当増資を行なうとIRした。
調達資金額は約5000万円と大きくはない。
引き受け予定先は1社と個人5名で、一番大きいのが「サイアムライジングインベストメント1号合同会社」(東京都千代田区)というファンドの約2500万円。
払い込み期日は3月29日。
ところが、募集後のこのファンドの持株比率を見ると16・83%で第2位株主。
なぜ、それだけの額でそんなにと思ったら、「大量保有報告書」を見ると、このファンドは昨年4月28日、それまで約32%で第2位株主だった「Ocean Wealth Crowd」(東京都港区)という合同会社の持分の1部、16・39%を市場外で取得していた。
なお、このOcean Wealthに反社会勢力が関与していたことは16年11月から12月にかけ本紙でスッパ抜いている
ファンドに売ったのと同日、Ocean Wealthは他の2社に残りの所有分も同じ市場外で売り撤退している。
いずれも売却額は1株107円というから、ファンドの取得額は約1億2000万円ということになる。
今回の第三者割当増資の引き受け価格は356円と3倍以上もする(冒頭写真=チャート)、それはこの間、21LADYはわずかながら純利益が出るようになり株価上昇した結果。しかし、あいかわらず業績はよくなく継続前提に疑義注記。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧