アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

山口県下関市の中国産ふぐ偽装会社ーー本紙に届いた有力情報

 農水省が7月22日までに、JAS法違反で立ち入り調査した水産物加工卸会社「エツヒロ」は安倍晋三元首相の地元・山口県下関市に本社を置き、同社代表の森敏一氏(冒頭右写真)がやはり代表を務める汚水処理装置会社においては、安倍氏の“国家老”である江島潔市長率いる同市との間で、官製談合疑惑も起きていることを本紙はスッパ抜いた。
このエツヒロの複数の関連先を、山口県警は7月29日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで家宅捜索し、森社長から任意で事情聴取したと「日経新聞」(昨29日夕刊)が報じている。
実は森社長自身は、故意にはやっていないと主張しているのだが、数日前、本紙の元にFAXにて重要な情報が寄せられた(以下にのその文書転載)。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧