アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

吉野家ーー牛丼への混入(軟)骨に関する問い合わせ対応に、消費者から怒りの声

「安全が何よりも優先すると謳っているのは口先だけではないのか!」と、本紙読者から「吉野家ディー・アンド・シー」(本社・東京都新宿区。安部修仁社長=左写真)の対応に関して怒りの情報提供があった。もちろん、牛丼チェーン最大手、東証1部上場の吉野家のことだ。 例のBSE問題で、米国産牛肉の輸入がストップし、同社が牛丼の販売を禁止したのは2004年2月。以来、実に2年半余り。昨年12月1日からは時間限定ながら毎日の販売も再開。08年2月期は下期の牛丼完全復活で、大幅増益になる見込みだ。 今回、情報提供してくれたAさん(40代。東京都足立区在住)によれば、トラブルがあったのは、輸入再開が始まって間もない昨年12月10日のことだという。 中学生の息子が近所の吉野家Y店(右写真)からお持ち帰り用の牛丼1つ、豚丼2つを買って来て、その日は日曜日ということで遅い昼食を母親、妹と取っていたという。その時、そのなかの牛丼を食べていた息子は「ゴリッ」と歯に異物を感じる。取り出してみると、長さ3?もあろうかという骨(以下に写真掲載)などが混ざっていたという。 まさかとは思うものの、危険部位混入で再輸入禁止になった事実が頭をよぎった奥さんは心配になり、父親であるAさんに連絡。近所から急遽戻ったAさんは息子を連れ、その食べかけの牛丼を持ってY店に出向き、「骨が入っているけど大丈夫なの?」と問うたそうだ。 すると、店長は「誠にすいません。今日は骨が一杯あるので、いまちょうど本部に文句を言おうとしていたところです」といい、営業本部に電話。同本部のS氏が折り返しかけて来た電話に替わってもらったAさんは、その言葉に耳を疑ったという。 「私だって、まさかとは思いますよ。でも、万一のことがあったらいけないと心配だし、お店のためにもその事実を知ってもらっておいた方がいいと思い、わざわざ出向いたのに、替わったSは骨のことには触れないで(本社広報も、本紙の取材に対し、そう報告を受けたと認めた)、“もう牛丼ないから、明日取りに来てよ!”とぞんざいな感じで言われたんです(牛丼の販売は午後2時まで。その時は既に3時頃だった)。私が因縁つけているとでも思ったんじゃないですか。それで私もそんざいに“いま、(BSEが)問題になってるんじゃないの?”と言うと、今度は要領を得ない返事が返って来るだけ。それで、このまま会話しているとブチ切れそうになると思い、横に息子もいましたから、“お前みたいのと話しても埒が明かない。もういいよ!”といって一方的に電話を切ったんです」(Aさん) しかし、その後も腹の虫が収まらないAさん、証拠写真(2枚組の上側写真は、下写真の赤線囲みの骨らしきものを拡大したもの)を撮り、年が明けて本紙に連絡して来てくれた。もっとも、本紙は別件取材に追われて確認が遅れ、記事掲載が本日になったというわけだ。 まず、本紙は足立区内のY店(下写真)に出向いた。ちょうどいた女性店員が、当日のことを覚えていると証言してくれた。その上で、彼女にその店から営業本部に連絡を取ってもらった。結果、F氏がAさんに対応したとされるS氏に確認してくれ、前述のように「骨の説明はしなかった」旨、認めているとの返事をもらった。 もっとも、本紙もそのF氏の対応には同じく耳を疑った。 「お客さんは安全性が一番の心配事なのだから、最初に“大丈夫です。この骨は問題ない(F氏は“軟”骨と言い張った。これに対し、Aさんは軟骨ならかみ砕けるから文句は言わないと主張)”と真っ先に説明して当然でしょう。なぜ、それをしなかったのですか?」と問うと、「軟骨を取るように努力はしているが、混ざることもある。どんな肉屋でもそうだと思うんですよ」と答えたのだ。 それで、思わず「それは店側がいう台詞ではないでしょう」と言ったのだが……。 しかも、混入の頻度に関しては「統計がないから数字では言えない」とノーコメント。営業本部S氏とAさんの主張に一部食い違いがあるので直に確認したく、S氏への取材申込みをしたが、それも取り次げない説明はないまま即座に拒否された。もちろん、本紙は最初から身分を明かしているし、F氏は本紙HPを確認したと言っていた。 吉野家といえば、BSE問題では大きな打撃を受けた企業。それだけに、この種の問い合わせには極めてデリケートで、迅速かつ懇切丁寧に対応するのかと思い気や、お粗末を通り越し、信じがたい対応だったと言わざるを得ない。 その後、広報部に連絡し、この間の経緯を説明。確認したとして、折り返し連絡して来たK氏は終始、平身低頭だった。 「営業本部の者が失礼な対応をしたそうでお詫び申し上げます。私の研修経験から申しますと、ショートプレート(牛丼用のバラ肉のこと)にはそもそも軟骨自体、ほとんど入っていないと思います。それでもあれは取り除いているわけでして、(今回のAさん息子が当たったケースは)極めて希なことだと思います。なお、おわかりいただけると思いますが、この軟骨と危険部位は別物です。安全性にはまったく問題はありません」…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧