アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

社会福祉法人 「翌檜会」横領事件――元首相甥も関与か

 2005年6月、埼玉県警捜査2課は社会福祉法人「翌檜(あすなろ)会」(本部・埼玉県鴻巣市)の金子俊也理事長(当時)を業務上横領容疑で逮捕した。 同法人は知的障害者施設「敬朋学園」を経営しているが、金子氏は同学園の入所者の保護者から集めた寄付金計787万円を横領した容疑。そして金子氏に対してはすでに懲役2年6カ月、執行猶予5年の刑が確定している。 本紙・山岡はその金子氏から接触を受けた。「自分の背後には黒幕がいた。そして、その黒幕は政治力を持っていた(元首相の甥も共犯とのこと)。その他の要素も加わり、自分以上の重大犯罪を犯しながら黒幕は何らお咎めなしというのはいくら何でもおかしい」との訴えだった。警察も検察も、また県(障害者福祉課)もそのことに気づいていながら、放置しているという。 そこで提供を受けた証拠資料などを検討した結果、確かにおかしいとの結論に達したので、本紙・山岡は総合情報誌『ベルダ』(07年2月号)の連載ページで記事にした(写真)。 その黒幕とは「市田康介」なる人物。  同記事では、事件の概略と県や警察当局の対応の不可解さについて書いた。 ところで、その市田氏、決して自分は表に出ず、絶えず誰か別の者をダミーに使う。 学園の建物建設に関してもそうで、3億円以上を水増し請求した可能性大だが、その工事代金の複数のダミー受け皿会社のなかに、元首相甥が代表を務める会社も含まれていた。そしてこの甥も、県警の事情聴取を受けていたのは紛れもない事実なのだ。 その他にも、市田氏と共に逃亡している学園の元会計責任者だった女性2名の内の1人は通産省(当時)OBで、その部署の現役当時の上司は後に特許庁長官に上り詰め、その元上司と女性が代表を務めていた会社は取引関係にあったなど、偶然にしては出来すぎた事実もある。 今後はこうした点をさらに追及していくつもりだ。 (写真は『ベルダ』記事の残り2ページ分)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧