アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あのオウム・村井元幹部刺殺犯が出所、転がり込んだ先

 オウム真理教の「科学技術省」長官だった村井秀夫元幹部(当時36歳)を刺殺した犯人とは、いうまでもなく、徐裕行氏(同35歳)のことだ。山口組系羽根組(事件後、解散)の組員だった。 犯行があったのは1995年4月23日。当時、東京都港区青山のオウム真理教東京総本部ビル前で、大勢の報道陣が見守る中、牛刀で一突きし、村井元幹部は翌日出血多量で死亡した。 同年11月13日、東京地裁で懲役12年の判決が下り、徐氏は控訴しなかったため刑は確定、服役していた。 それからすでに11年以上経過しており、模範囚なら刑期の3分の2で仮出所が認められるわけだから、出所していても何ら不思議ではない。だが、気になるのは身を寄せていると関係者が語る先だ。 かつて“政界フィクサー”と呼ばれたM氏のところで世話になっているという。 徐氏は北朝鮮出身の在日3世で、彼が事件前、共同生活をしていた都内住居所有者の親族は、北朝鮮の工作員・辛光洙(シン・グァンス)と数年間、内縁関係にあった。その辛は日本人拉致に関与、横田めぐみさんの教育係もしていたと報道されている。 そして、オウム真理教の背後には北朝鮮政府も関与していたとの説がかつて囁かれたが、前出のM氏もかつてオウムを陰で主導した人物と名指し摘されたことがあった。 さらにM氏は石原慎太郎都知事が代議士時代、ずいぶん支援していたことは事実だが、その石原氏の4男(最近、都の助成金問題で話題になっている画家)はオウム信者だったと一部マスコミに書かれたこともあった(ただし名誉毀損訴訟でマスコミ側が敗訴)。 これら“点”のつながりは、単なる偶然なのだろうか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧