アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本間会長だけじゃない。公務員宿舎で愛人と同棲する中堅国会議員

公務員宿舎での女性との同居が報道され、12月21日、辞任が決まった安倍晋三首相直属の諮問機関・政府税制調査会の会長を務めていた本間正明大阪大学大学院教授(左写真)。 この報道の火付け役は『週刊ポスト』(右写真)。12月22日号(11日発売)に、「本間正明税調会長 『愛人と官舎同棲』をスクープ撮」という特集記事が載った。 本間氏はJR「原宿駅」にほど近い官舎「東郷台宿舎」に住んでいたが、そこから愛人が買い物に出かけたり、本間氏と2人で銀座で仲良く買い物をする様子などが報じられた。 財政削減が社会的弱者に多くのしわ寄せを強いるなら、国の財政を審議するトップが、格安の高級官舎に愛人と住み、まじめに審議しているといわれても、「ふざけるな!」の声が起きて当然だろう。 ところが、安倍首相は「プライべートな問題」で収拾を図ろうとし、本間会長本人は「(愛人の女性とは)誠実な交際をしているところ。妻とは離婚協議中です」などと言ってのける有様。正式に離婚してからつきあうのが筋で、こうした対応や発言は、いかに国民の思いがわかっていないか物語っている。 安倍内閣にもダメージを与えたわけだが、それはともかく、本紙はこの本間氏のパターンとまったく同じ代議士が存在する事実を掴んだ。 ネタ元との約束で、いま現在、どこの政党所属か、名前のイニシャルも出せない。だが、これが表面化すれば、さらに安倍内閣にダメージを与えるのは間違いない。 詳しくは言えないが、すでに本人が同棲問題を認める証拠の品、同じく流出すればスキャンダル必至の写真なども存在する模様で、一部マスコミに関係者が接触しているとの情報もある。 「新年早々、表面化するのは避けられないのではないか」(事情通)とのことだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧