アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(3)

今回は某大手銀行について。 最近、りそな銀行などを傘下に置く東証1部の「りそなホールディングス」(大阪市中央区)を推薦するアナリストが多い。 理由の一つは、その割安感。 同社株は昨年12月下旬には約50万円だったが、その後、約31万円にまで下げ、現在も30万円台半ば。 確かに、3大メガバンクが公的資金返済を完了するなか、第4番手の同行は未だ約3兆円を未返済だが、今期は財務体質の改善に伴う格付の向上もあり、劣後ローン3000億円の内2000億円は返済するなど、本格的返済をスタートさせている。 さらに、まだ発表になっていないが、間もなく有望な企業と提携するとの情報もある。 実際、この2日ほど売買高も増え、株価も上昇傾向にある。。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧