アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

特別寄稿 内部文書入手ーー三位一体のパチンコ業界(1)

文・伊藤直樹 ●景品交換所の経営権譲渡を巡る裁判 パチンコはホール、景品交換所、景品問屋の「三店」がまったく異なる経営主体という建前の下、パチンコ業界が違法性を逃れていることは、以前、本紙でも述べた。 しかし、実際に、この「三店」が密接につながっているとしたら―――。 それが発覚したのは、平成17年12月6日、さいたま地方裁判所に起こされた民事訴訟からだった。 景品買取業者である『(株)丸十商店』が、『ウィンザージャパン(株)』に平成16年7月9日、『(株)丸十商店』が有している埼玉県内の一定地区のパチンコ店の景品交換所において経営する営業権を2億3千万円余で譲渡する契約を締結した。 ところが、『ウィンザージャパン(株)』が『(株)丸十商店』に1億4千万円を支払ったところで、譲渡契約の内容などを巡って両者間に紛争が生じた。 そうしたなか、『ウィンザージャパン(株)』は代理人を通し支払い済み分の返金請求をする一方、平成17年10月14日、その返金請求権を個人に譲り渡す。 この結果、現在、『(株)丸十商店』(被告)と返金請求権を譲渡された個人(原告)との間で訴訟になっている。 この裁判でハッキリしたことは、通常、表に出るはずもない「三店方式」の一角である買取業者の営業権が金銭によって譲渡されているという事実だ。 確かに、パチンコ雑誌にさえ、買取業者や卸業者の新規参入に関する広告など見たことはないし、そもそも新規参入が出来るのかどうなのかさえ、外部からは窺い知れない。 そして、取材を進めていくうちに、この当時、埼玉県ではホールと景品交換所、景品問屋の「三店」が独立したものではなく、三位一体の癒着の構造を示すさまざまな内部文書を入手することができた。 これは厳密に言えば、法律違反と言わざるを得ないほど重要な文書だった。 ●『営業譲渡契約書』を入手  まず、入手したのは、この裁判の発端になった『(株)丸十商店』と『ウインザージャパン(株)』との間で交わされた『営業譲渡契約書』だ。 真っ先に問題となるのが、そのなかの第四条。 「甲(『(株)丸十商店』)が譲渡する営業」とは、「景品買取業」のことであり、平たく言えば「換金所」だ。  埼玉県警察本部の指導によって『埼玉県遊技業協同組合』という埼玉県の「ホール(パチンコ屋)業者の組合が、「三店方式」を管理しているということを表している。 さらに、『狭山・入間遊技業組合』(狭山・入間地域のホール業者の組合)より推薦を受け、次に『彩の国安全・安心事業協会』の認定を受けて、営業承継の手続は完了するというのだ。 要するに、新規事業者がいる場合、ホールと景品交換業者、景品問屋、それぞれの組合が推薦し承認しているということになる。 これが実際に本当なら、「刑法」の賭博罪と、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の第23条(注)に触れることになるのではないか。 さらに、契約書が平成16年であることに注目していただきたい。 平成 15 年6月25日に自民党国会議員有志による「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」が、自民党本部で例会を開催した。同議連が、平成15年の春に、カジノ創設に関する質問事項を関係省庁に出した。6月11日までの期限付きで回答を求めたものであり、その報告会だった。 出席者は議連関係者の他か、内閣府・総務省・法務省・財務省・経済産業省などの課長クラスが出席。警察庁からも勝浦敏行生活環境課長が出席した。その席で、「換金を行っている景品交換所は法律上どのような位置づけなのか」との質問に対し、「風営法においては、営業者が現金等を賞品として提供することや客に提供した賞品を買い取ることを禁止しているが、第三者が客から買い取ることを禁止しているわけではない。従って、現在行われている換金行為のうち、営業者と関係のない第三者が客から賞品を買い取ることは、直ちに違法となるものではない」と答えている。 確かにホール営業者と関係ない第三者ではあるが、県のホールの組合が「景品交換業者」を承認しているとなれば、癒着であり、「三位一体」であるから問題だろう。(続く) (注)第23条 第2条第1項第7号の営業(パチンコ屋その他政令で定めるものに限る)を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。 1 現金又は有価証券を賞品として提供すること。 2 客に提供した賞品を買い取ること。 3 遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物(次号において「遊技球等」という。)を客に営業所外に持ち出させること。4 遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧