アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

フジテレビ・日枝会長を悩ませた、あの旺文社元社長・赤尾一夫氏が死去

 10月9日の全国紙社会面(=写真左。「毎日新聞」より)に載ったように、赤尾一夫氏(写真右記事の顔写真)が10月4日に58歳という若さで死去していたことが明らかになった。  赤尾氏といえば、「旺文社」を創業した赤尾好夫氏の長男。かつて「文化放送」はこの旺文社グループ企業だったわけで、一夫氏は旺文社社長を務めただけでなく、文化放送を通じるなどして東証1部「フジテレビジョン」(以下、フジテレビ)、同「テレビ朝日」に大きな影響力を有し、フジテレビ役員に就いていたこともある。 何しろ、一時はフジテレビ株の28・4%、テレ朝株の21%を実質、所有し、隠れた“わが国のメディア王”と言われたことさえあったのだ。 だが、その一方で、2世にありがちなボンボン体質に加え、薬物疑惑の噂があり、その関係で闇社会との関係が絶えずついて回っていた。 本紙既報のように、あろうことか、政治結社にフジテレビが「詫び状」を出したのも、まさに役員に就いていた一夫氏の存在が最大の原因だったし、同じく本紙記事のように、日枝久会長共々、同じ暴力団関係者に脅されたとする情報が出ていたのも、役員同士だったという関係故のことだったと思われる。 こうしたなか、所有するテレビ株も次々と売却。旺文社株も手放し、この死去広告が伝えるように、最後には、節税を兼ねた「センチュリー財団」(鎌倉市)理事長の肩書きだけと、余りに寂しい最期だったと言わざるを得ない。 (写真右手ビル=赤尾一族関連会社が所有する東京文京区物件) ●フジテレビに出されていた、赤尾氏の薬物疑惑に触れた「質問状」  冒頭の記事は、『噂の真相』の96年8月号。 本紙・山岡が取材して書いたもので、疑惑のメーンはまさに薬物疑惑なのだが、この記事を出したら、この疑惑で一夫氏を以前に恐喝したとされる暴力団筋が、自分たちの犯罪事実も浮上することを恐れ、噂の真相や山岡を襲撃する体制を取っているとの脅しの電話が関係者から入り、掲載を遅らせて様子見するかどうかで悩んだ記憶がある。実際は、記事が出てしまえば文句の言いようが無く、何事もなかったのだが……。 最後に、前述のように「詫び状」を取った政治結社がフジテレビに出した「質問状」中、一夫氏の薬物疑惑に関する箇所を転載しておく(上の写真2枚)。 この元になる「告発状」があり、極めて具体的である上、周辺取材をした結果、信憑性が高いと判断し、前出『噂の真相』でも記事にしている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧