アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 安倍晋三
  3. 地元・下関市長選で安倍元首相推薦候補が惨敗(前市長を、西松建設絡みで恫喝!?)

地元・下関市長選で安倍元首相推薦候補が惨敗(前市長を、西松建設絡みで恫喝!?)

 去る3月15日、安倍晋三元首相(=冒頭左写真)の地元・山口県下関市の市長選挙があり、元県議で、税理士の中尾友昭氏(=冒頭右写真。59)が初当選した。
長らく、下関市長は安倍元首相の“国家老”的存在で、地元の安倍事務所の支持を得なければ当選は無理だった。
ところが、今回、安倍事務所が推し、安倍元首相の「兄弟分」とまでいわれる友田有候補(51)は、約4万票しか取れなかった。これに対し、中尾氏は約6万以上という大差だった。
「2人とも自民党系で、当選した中尾氏を林芳正前防衛相が推した。だが、林氏はこの間、力を失い、衆議院から参議院に鞍替えし、安倍氏に恭順を誓った見返りに防衛相ポストにありつけたという感じだった。ところが、今回は裏で多くの安倍派市議も、地元建設会社も中尾氏の方を推していた。なぜかって? 政権をポイ投げし、すでに一丁上がりの安倍なんて本気で誰が推せます?」(地元の元安倍派後援者)
実は今回、選挙に先立ち大番狂わせがあった。
これまで4期務めて来た、安倍氏“国家老”だった江島潔前市長が、直前になって出馬を取り辞めたのだ。なぜか?

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧