アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

右翼団体元代表等との関係ーー不可解なグローリー工業の言い分

 一部全国紙の報道を契機に、硬貨・紙幣処理機ではシェアトップの東証1部「グローリー工業」(本社・兵庫県姫路市。西野秀人社長=写真)が、子会社「グローリー商事」(大阪市)と右翼団体元代表等との間で不適切な行為があったとして、処分を行うと明らかにしたのは8月28日のことだった。 もっとも、その後の報道でもこの右翼団体がどこで(解散したとされる)、元代表が誰か、またグローリー商事はこの元代表と顧問契約を結んでいただけでなく、元代表が関わる会社と取引していた(昨年11月終了)というが、その会社名も一切公表されていない。 そして、元代表を顧問にしていたということは、パチンコやゲーム機業界との取引も多いだけに、闇社会関係者とのトラブルも予想され、当然、その調整役を期待してのことと思われるが、西野社長は会見の席で、「通常の取引で、過大な利益提供はなかった」と語った。 要するに、正規の正常な取引だったが、報道(7月20日)を契機に調べたら右翼関係者との認識はあったことが判明した。だから約1か月後に処分した(取引停止を巡っては係争中)というのだが、事件にもなっていないのに、信頼低下にも通じる事実を自ら公表するとは異例だろう。 しかも、その取引額は既報道によれば、いくら約17年間の長期とはいえ、顧問料関係だけで約6億6000万円にもなるというのだ(D社との取引は別)。  そこで、本紙はどうにも腑に落ちず、少々調べて見たところ、やはり不可解な事実が出て来た。 今回、問題とされているのはその右翼団体元代表と幹部の2人で、共に「D」社を通じてグローリー商事と取引関係を持っていたのだが、この2人、昨年9月に保険証を不正に取得したとして詐欺容疑で逮捕されていた。そして、その保険証を不正に出していた会社とは、他ならぬグローリー商事と取引していたD社だったのだ。 しかも、問題の2人の一方は、競売入札妨害事件で指名手配され、2002年6月にも逮捕されている。そして、どちらの報道でも右翼団体代表、幹部として、全国紙にその名前が出ていたのだ。しかも、一部報道では右翼団体名も報じられていた。 さらにいえば、一方は右翼団体のスポンサーでもあったようで、例えば、この数年の「官報」に載る政治団体の寄付者、あるいは借金相手として名前がやはり公然と出ていたのだ(2005年計79万円。2003年50万円。同年、他の政治団体に200万円といった具合)。これで、親会社は知らなかったでは通じないだろう(顧問契約を結んだ当時の子会社社長は、尾上寿男グローリー工業会長)。 なお、グローリー商事と取引関係にあったD社はパチンコ玉やパチスロ用メタルの両替機の卸販売業をやっており、大手信用調査会社の報告書によれば、2005年5月期の売上高は実に50億円を突破している。卸先としてはナムコ、タイトー、セガなどの大手も並ぶ)。 そして今年10月、グローリー工業とこのグローリー商事は合併するとしている。 (写真左はD社が販売していたグローリー工業製造の両替機の一つ。右は、問題の右翼団体街宣車)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧