アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

経済制裁で急増する、北朝鮮製『米国等有名ブランドタバコ』闇市場

本紙では以前、北朝鮮政府製造の米100$札について報じたが、今回はタバコ販売の最新実態をお伝えする。情報源はどちらも北朝鮮内の現場責任者を本紙特派スタッフが直に取材、そして撮影して来たものだ。 冒頭に掲げたのは、その5ブランドの内の2つ(ゴールデンエレファントと2種類のキャメル)。 この商品、その包装紙を見ただけではまず見分けはつかない。ただし、写真中央のキャメル(水色)だけは、安い紙、それに印刷で済ましているためだろうか、光沢がなく、このブランド愛用者ならおかしいと気づくかも。 それにしても、なぜ、有名ブランドのタバコなのか。 「麻薬や武器販売は米国を始め各国の強い反発を招く上、商談相手も特定され、リスクが大きい上に収入になるまで期間を要する。だが、タバコは完全な合法商品だから反発が少ない上、即、現金になる。そこで経済制裁が厳しくなった今年に入って生産・販売が急増しているようです」(特派スタッフ) 実はこれら北朝鮮製タバコは、お隣の中国(香港、マカオ含む)でだけ販売されているという。なおさら、各国の反発は少ないわけだ。 麻薬や武器販売に比べ、たいした売上げ高でないなんてことはない。中国でのこれらブランドタバコ1箱の正価は10元(1元=15円計算)といったところ。だが、卸値は4元。そしてこれら商品は中国のタバコ店に“本物”として並ぶから、卸人と店側(一般人はわからなくても、彼らプロは気づいている)が例えば、売値との差額6元の半々で分けるといった具合。 「例えば、1コンテナにこれらタバコだけ詰め込んだら約7000万円の取引になる。しかも、卸人とは現金取引。即金でカネになるから、北朝鮮政府にとっては実にいい商売ということだ」(同)」 もちろん、卸人は中国のマフィア関係者。店側は一般人だが、日本と違い、中国は汚職が蔓延しており、その倫理観はひじょうに低いということだ。  そして、その卸ルートは大きく3つにわかれるそうだ。 (1)夜中に北朝鮮、中国国境で渡す。 (2)タバコを積んだ北朝鮮の船と、中国の漁船が洋上で取引する。 (3)通常の商取引がある中国のトラックや船が例えば米を届けた北朝鮮からの帰り、山菜と偽り実際はタバコを持ち帰る。 そして、圧倒的に取引量が多いのは(2)とのことだ。 さて、個別のタバコの価格だが、記事冒頭写真のゴールデンエレファントは2元(“本物”は6元)。キャメル(水色)も同。キャメル(黄色)は4元(10元)。 一方、上に掲げた3ブランドのダンヒル、マーボロ、マーボロ(ライト)、クレイバンはすべて4元(10元)とのことだ。 安いキャメル(水色)とゴールデンエレファンドは明らかに味が異なる(ただし、ゴールデンエレファントは大麻の味がするそうで、大麻入りかも)。だが、他の卸値4元のものは包装紙だけでなく、味もかなり本物に近い。なかでもダンヒルは「まったく見分けがつかなかった」というのが、実際に“本物”と本紙特派スタッフが飲み比べた感想だ。 その他、気づいた特徴として、左上写真のように、ゴールデンエレファントは「ミャンマー製」、右上のキャメル(黄色)に関してはわが国のJTが中国の吉林・延吉の工場で作ったものとなっている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧