アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「遊就館」、“反米”の展示物を撤去へーー米国の圧力か

何かと物議を醸している靖国神社。境内にある戦史博物館「遊就館」もA級戦犯合祀と並行して、かつての“大東亜共栄圏”を肯定するような展示が目立つようになったとして同様、物議を醸しているが、そこに持って来て、この8月末、靖国神社が遊就館の展示物について大幅な記述変更したことを巡ってまた問題になっている。 変更箇所は「ルーズベルトの大戦略」と題す展示物コーナーの、第2次世界大戦での米国の戦略に関する以下の記述部分。 「(ルーズベルト米大統領は)資源の乏しい日本を禁輸で追いつめ、開戦を強要。参戦によってアメリカ経済は完全に復興した」 8月20日付の米紙『ワシントンポスト』は「唾棄すべき安っぽい論議」との論文を掲載。これはアーミテージ前米国務副長官の発言を受けてのこと。 これに呼応するように、元駐タイ大使の岡崎久彦NPO法人岡崎研究所所長が『産経新聞』(8月24日)に「遊就館から未熟な反米思想を廃せ」と寄稿。同日、靖国神社は“修正”すると発表、今後、記述だけでなく、展示内容自体も変わるようだ。 (写真 「遊就館」と展示物の零式戦闘機と人間魚雷・回天)  岡崎元駐タイ大使といえば、屋山太郎氏と並ぶ、安倍晋三官房長官の「保守思想を共有する有識者」ブレーンの1人。 実はそもそもこの記述が問題との指摘は、わが国側では、安倍官房長官自らも参加する「外交、教育政策を提言する有識者グループ」(図参照のこと。「毎日新聞」8月29日。連載「安倍人脈」?より)の会合で出て、靖国神社にパイプのあるメンバーが働きかけ実現したという。 さる識者は「安倍氏は自身の書『美しい国へ』でも自分は“保守”とハッキリ言っている。本物の保守なら、私も応援する。だが、実際はポーズだけで、小泉さん以上の米国ベッタリの“ポチ犬”だということの好例だ。保守だからでなく、米国との過剰な一体ぶりが危険なんだ」というのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧