アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「INAX」の疑惑に関する親会社「住生活グループ」の調査の現状(?)

 本紙既報のように、衛生陶器やユニットバスなどの製造・販売大手「INAX」(本社・愛知県常滑市)の某工場取引などを巡り、数々の疑惑が出ている。
しかも、INAX本社の上層部まで汚染されている可能性もあることから、本紙はこの間、その親会社(持ち株会社)である東証1部「住生活グループ」(東京都中央区)にその関連内部資料を提供し、回答を待っている。
住生活グループは事は重大と見て、社内に調査委員会を設け、弁護士とも相談し、この間、調査を進めているという。
本紙が取材申込みしてからすでに約70日が経過しているが、最近、聞き捨てならない情報を得たので、再度、住生活グループに調査の進行具合を本日、問うてみた。
その聞き捨てならない情報とは、某全国紙がこうした疑惑(独自取材による)に対し、INAXに取材申込みしようとしたところ、「アクセスジャーナルに書かれている内容はデタラメ」と担当者が答えたというもの。
(冒頭写真=疑惑が出ている工場の一つ)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧