アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

連載(1)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』よ

 本紙で以前、2度に渡ってお伝えした、わが国の選挙制度を根幹から揺るがしかねないこの重大疑惑、関係者がビデオを総点検し、疑惑について総まとめした『報告書』(2006年6月10日付)を本紙は入手した。 そこで作成者の許可を得、その全文を連載でお伝えすることにした。 (はじめに)  これは2003年4月27日に行われた地方統一選挙開票のことである。 参観人や立会人の目前で、こんなに堂々と不正が出来るとは誰も信じないだろう。この不正を追いかけ、暴いていくのに3年の月日を要してしまった。来年の統一地方選挙ではまた「不正の手法を変えてするのでは」という声が囁かれている。次の選挙までに、何としてもこの不正を止めさせなければならない。 場所は千葉県習志野市の袖ヶ浦体育館。ここで習志野市長と市議会議員選挙の開票作業が行われた。開票従事者は全員が市職員で、選挙管理委員会から委嘱状と腕章を配られている。 そのなかに3名の委託状なしの者が侵入した。しかし、腕に腕章をしていたため、誰も不法侵入であることに気付かない。その侵入者とは、助役・収入役・秘書課主幹(市長秘書)である。彼らは開票所を歩き回り、なかには票に触れる者、携帯電話を使用し誰かと連絡を取り合う者、上司として職員に指示をし、取り仕切っている光景がビデオにハッキリ映っている(特に収入役はブルーのブルゾンを着ているのでよくわかる)。 (告発の経緯)  習志野市役所では以前から、職員が組織ぐるみの不正をやっているという噂があった。そのため、「選挙マフィア」、「選挙出世」という言葉まである。 今回疑いを持ったある候補者が7台のビデオカメラを持ち込んで参観席から開票作業の一部始終を撮影した。そのなかには、点検済の最終票が参観席から見えないように4枚の衝立を置き、しゃがんで作業している場面が映っていた。票をなぜ隠すのか。衝立の裏で何をしているのか。開票作業全体の総責任者である選挙長さえ、この衝立のことは知らなかったと言っている。 票を操作する噂は本当だったのだ。そして、ビデオに映っている助役、収入役、秘書の3人を発見。それから票をもってウロウロし、作業順序と違う、しかも担当外の人に渡す者を発見、台から票をポケットに入れる者を発見。そこで落選者8名が集まり、選管に衝立を置いた理由や従事者の氏名など質問状を出し、その回答を不服として、2005年5月8日、市選管に異議申出をするが6月2日棄却。 2005年6月17日、東京高裁の裁判で、特別職の3人に公選法違反の判決が出たが、選挙無効の訴えは棄却された。 その後、鉛筆・消しゴム・電卓を使用する者、ウエストポーチ・バックに票を入れる者、ズボンのポケットに票を隠す場面等、次々に不正の行為が見つかった(続く)…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧