アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

サマンサJPの本紙既報“楽天証券絡み不動産会社”の株式取得価格は11億3000万円ナリ

バックのブランドで知られるマザーズ上場の「サマンサタバサジャパンリミテッド」(東京都港区)が、本紙が過去、何度も報じて来た楽天証券が関わる不動産会社「クオリケーション」の株式を取得したと発表したことは本紙でも既報の通り。 もっとも、その際、購入価格は公表されなかったが、同社が7月12日に公表した「 平成19年2月期 第1四半期財務・業績の概況(連結)」のなか(19頁)で触れており、11億3000万円であったことはわかった。 同社は同決算が好調だったことから、直後に株価が急騰(64万8000円=7月14日)し、冒頭に掲げた記事でも(『日刊ゲンダイ』7月15日付)触れているように、今年2月に2分割したにも拘わらず、以来、わずか5カ月にしてほぼ分割前の水準(68万7000円)に近づいている(本日終値は60万円)。 ●クオリケーションが抱える訴訟の次回期日迫る もっとも、クオリケーション株式の取得価格11億3000万円は周知のように、全株式ではなく、まったく経営権を握れない14・87%に過ぎない。 そのため、同決算によれば同社の手持ち現金は前四半期の約21億6000万円から約9億6000万円と半分以下に。同社の経常利益が約20億円という水準からしても大きな買い物といえる。 そして、いよいよクオリケーションが抱える訴訟(VS大平産業)も本格化して来る。 次回は7月24日午前10時15分より。法廷は初回と同じ507号室。 後で、高い買い物だったということにならねばよいのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧