アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

東証1部「フィデック」社長の貸金請求訴訟、ほどなく判決ーー筆頭株主移動の可能性も

 本紙既報の東証1部、決済事務・回収代行「フィデック」(千葉県市川市)の深田剛代表取締役(冒頭写真)に対して起こされた貸金請求訴訟の全貌が見えて来たので、以下、報告する。
「ワーカービー」(東京都港区)なる有限会社と共に、深田社長個人が、所有する38・56%のフィデック株の大半を担保に入れ、借金していたことは以前、述べた通り。
訴状などの訴訟資料によれば、深田社長らが借りた金額は8億円。時期は08年11月で、当初6カ月後には返金することになっていた。
だが、返金できず、返済期限は4カ月延ばされたが、それでも、未だ利息しか支払われていないようだ(利息は年4%。遅延利息は15%)。
それにしても、貸し手は担保にフィデック株を取っているのだから、代物弁済で取得すればいいとも思うのだが、なぜ、今回の提訴なのか。


 それはどうやら、この間、株券が電子化されたことと関係しており、裁判所の判決など明確な“証拠”を得ないと取得できないようだ。
深田社長はこの訴訟における「答弁書」のなかで、連帯保証していること、またワーカービーが返金していないことも認めている。ただし、貸し手である「WestTrading」(東京都品川区。上写真は入居ビル)は、その債権を第3者に譲渡し、すでにその一部金銭を得ている可能性もあるとして争っている。
いずれにしろ、この状況では、大量のフィデック株が深田社長から第3者に渡るのは時間の問題と思われる。
そして、この訴訟、次回の1月26日には判決が出る予定。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧