アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<書評>『ルポ 貧困大国アメリカ?』(堤未果。岩波新書)

約2年を経て出された堤未果氏の本書、映画などでは“続編”は第1弾より劣るのが常識だが、本書は例外といっていい。
第1弾では、米国の行き過ぎた市場原理主義の結果、現れた個々の現象を取り上げていた。ハリケーン・カトリーナ被害の現場、貧困層に拡がる肥満児童、医療難民、サブプライムローン問題、貧困層の志願兵問題なのだ。
これに対し、本書はさらにこの問題の核心に突っ込み、「キャピタリズム(資本主義)」よりむしろ「コーポラティズム(政府と企業の癒着)」が米国、そして世界を飲み込もうとしていると警告する。
具体的には学資ローン、企業年金、医産複合体、刑務所の巨大労働市場化などだ、
第1弾との間に米国ではオバマ大統領が登場したが、ほとんど「チェンジ」が見られないのは、このコーポラティズムのためだという。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧