アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 医療・健康 >
  3. 薬(タミフル、抗うつ剤など)
  4. 「陽性」と嘘つきクスリ処方!? トンデモ医師の仰天手口

「陽性」と嘘つきクスリ処方!? トンデモ医師の仰天手口

 わが国も医薬分業が取り入れられているが、今もクスリを出す東京都新宿区内の「Nクリニック」にかかったE氏(60代)の体験談だ。
E氏、あっちの方は随分ご無沙汰しているにも拘わらず、ともかくアソコが痒いということで性病科を受診。昨年9月のことだ。検査の結果、クラミジアと単純ヘルペスといわれ(陽性)、6種類のクスリを出された。
だが、1週間のクスリ切れ毎に診療を受け、まだ陽性とのことで、また1週間分同じクスリを処方され飲み続けるも、また「陽性」とのことで約2カ月経過した。
そんなある日、Eさんは腰にいままで味わったことのない倦怠感を感じ、ほどなく下半身に力が入らず、腰砕けのような症状まで現れるようになった。
ここに至り、処方されたクスリの副作用を疑ったE氏は服用を止めると共に、セカンド・オピニオンを求めた。結果は、何ら異常無し(陰性)とのことだった。
そこで疑惑に駆られたE氏は、最初のNクリニックとの間ですったもんだの末、ようやく細菌検査結果の用紙を入手した。というのは、Nクリニックでは性病かどうか外部委託した検査結果の用紙はそのまま患者に渡されず、検査結果を入力したNクリニック独自のものが渡されていたからだ。
(冒頭写真=細菌が原因のいろいろな病気に用いられるクスリ。これも処方されていた)

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧