アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 耐震偽装問題
  3. 東京都江東区の建築紛争ーー連載(1)「推進派区議会議員は建築現場の生コン納入業者」

東京都江東区の建築紛争ーー連載(1)「推進派区議会議員は建築現場の生コン納入業者」

 東京都江東区東砂4丁目ーーこの一画に昨年末から今年初めにかけて分譲された24棟の3階建て戸建て住宅がある(冒頭写真)。
この一画、そもそもは後に民事再生法を申請するに至った、元東証1部の不動産関連会社「ゼファー」(東京都中央区)がマンション建設を目指していた。だが、土壌汚染の問題などが浮上、周辺住民とトラブルになり、建築途中で工事はストップ。(下写真2点=いまも残る当時の反対住民のメッセージ)
本来、途中まで建設された建物解体時に基礎杭や地下構造物も撤去されなければならないが、未処理のまま残土を搬入し埋め戻された。そして長年放置され、ゼファーが民再申請する半年程前の08年2月、その足元を見てかなりの安値で「ハウセット」(東京都墨田区)が購入、建築して今回の分譲となった。
 こうした経緯から、ハウセットは土壌汚染、また、建築基準法違反(施行令第38条2項。未処理のマンション用と、戸建て用の異なる構造方法による基礎を併用してはならない)による不同沈下(地盤沈下し建物が傾く)を招かない対策をしなければならない。
だが、利益を上げるためにハウセットは、このどちらの対策もしなかった可能性が高いと、ゼファーのマンション建設時から反対運動を展開している司茂政勝氏は語る。
詳細は追って報告して行くが、第1回目は、司茂氏らの江東区への陳情におけるエピソードを紹介する。
昨年12月3日に開催された江東区の環境委員会で、司茂氏らが陳情したこの地の土壌汚染の問題が取り上げられた。
その際、同委員会委員の某区議会議員は結果的にしろハウセットに有利な発言をしているのだが、実はこの議員、生コン業者でもあり、その前日、ハウセットのまさにこの現場に生コンを納入していたのだ。


 その区議会議員とは、星野博氏(自民党)。
星野氏は「星野商店」という建設用石材などの卸業を営む有限会社を経営している。自宅兼事務所(上左写真)は東砂3丁目で、現場(上右写真)とはすぐ近く。
下に掲げたのは、同社の生コンミキサー車が現場に横づけされているところ。その写真には12月2日午後3時過ぎの日付が入っている。
一方、その星野委員の翌日の発言を、議事録から一部抜粋・要約すると……。
「これはもう既にほとんどの区画が完成してしまって、人が住んでいるところも大分あるのです。汚染土壌を搬出という陳情ですけど、現実に出すとなれば、既に完成している住宅を全部壊して搬出することになるけど、現実問題としてそのようなことができるのかどうか」
確かに、この発言だけ聞けば、疑惑はあっても止む無しと読者は思われるかも知れない。だが、前述のように司茂氏らはゼファーの時代から、この問題に取り組み、工事続行禁止仮処分申立まで行っている(仮処分は却下されたが、それは主張が認められなかったからではなく、工事が中断し、実質、仮処分を下す必要性が無くなったため)。
その申立書によれば、コンサル会社のデータで基準値の最大23倍のヒ素が検出されている。
いずれにしろ、星野委員がハウセットから仕事をもらっている以上、これではその発言を信じられないとの見方が出ても当然ではないか。
星野委員本人を、電話取材した。
星野氏は業務日報を見てくれ、確かに12月2日、生コンを納入したことを認めた。
「ただ、これは最後の仕上げの塀に使うもので、たいした売上ではありません」とのことだった。
一方、これでは発言を信用できないのでは、との問いには、否定も肯定もせず、すでに家が建っている以上、現実的な対応として当然の発言で、皆、同様の意見である旨の回答だった。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧