アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

ダイナシティ所有不動産の債権者に、なぜかビーイング・グループ系企業が登場

●六本木3丁目の2棟は、現在もダイナシティが所有 本紙は2月8日の「グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか?」タイトル記事のなかで、実例としてダイナシティを取り上げている。 東京都中央区銀座8丁目のビルに、ライブドアファイナンスによって100億円もの根抵当権設定請求権仮登記が付けられていたことも触れているが、実はこの仮登記、港区六本木3丁目の2棟のビルにも設定されていた。ちなみに、ライブドアファイナンスといえば、つい最近、ライブドア本体へ毎月7000万円の黒字付け替えが行われていたことが判明したと報道された ただし、こちらの2棟のビルはいま現在もダイナシティが所有している(購入したのは05年4月)。つまり、こちらの分の売却益はまだダイナシティに入ってないはず。仮に根抵当額に匹敵する借入をダイナシティがしていたとして、それにも拘わらず、なぜ仮登記を外せたのか不可解だ。 不可解なのは、その前に設定されていた27億円の根抵当権についても同様だ。 この根抵当権、そもそもは複数の銀行が協調融資したものだが、05年11月、「E社」(91年4月設立)なる音楽系企業に債権譲渡されていた。そこで、どんな会社かと思って調べてみたら、わが国音楽界で一大勢力を誇るビーイング・グループ系だった。 同グループの創業者で代表の長戸大幸氏の両親が役員に就いているし、代表は同グループの複数の役員を務めている。 ●ライブドアとビーイングの接点は倉木麻衣か ダイナシティとビーイングが直接の関係があるとは思えない。しかし、ライブドアとビーンングは接点がある。ビーイングを代表する歌手の一人に倉木麻衣がいるが、04年の彼女のライブツアーと連動するかたちで、ライブドアのブログに彼女の日記が掲載され、話題を呼んだ。そんな関係から、ホリエモンと長戸代表も直に交流があったようだ。 それにしても、なぜ音楽会社が融資かと思ったら、融資の1年ほど前、E社の登記目的欄に「金融業」が追加されていた。なお、同グループ会社の一社「ビー・ユー・エム」(代表・長戸大幸氏)は01年6月、東京国税局の査察を受け、98?99年のコンサート収入数十億円について、他のグループ会社との間で架空取引を行い利益を圧縮した仮装・隠ぺいを伴う悪質な所得隠しと認定されたことがある。追徴額は重加算税を含め約4億円だった(推定)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧