アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 詐欺(行為) >
  3. 先物取引
  4. 日本ファースト証券に、買収に関する文書を出していたアーバンコーポレイション・房園社長

日本ファースト証券に、買収に関する文書を出していたアーバンコーポレイション・房園社長

 本紙はこの1月12日、「金融庁に『上申書』まで出された日本ファースト証券」なるタイトル記事を報じている。 ところが、この疑惑の証券会社を、東証1部上場の不動産会社「アーバンコーポレイション」(本社・広島市。房園博行社長)が約40億円で買収することを検討していたことを物語る文書コピーを入手したので、冒頭に掲げておく。 この文書には、公証人役場の押印があるが、これは「確定日付印」というもの。 公証人が付与する確定日付の効力は、文書の日付を公的に証明するだけで、文書の成立や内容の真実性について公的に証明するものではない。 ただし、情報提供者は、アーバン・房園社長が買収で動いていたのは間違いないという。しかし、数々の問題に気づき、アーバン側から断りを入れて話は断ち消えになったそうだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧