アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<お知らせ>12月25日16時から『野良犬ジャーナル』第3回生放送ーー「市民目線で地方自治を考える」(埼玉県新座市議・?邑朋矢氏)

 ジャーナリストの寺澤有氏と本紙・山岡が自前で生放送しているインターネット報道番組『野良犬ジャーナル?事件の真相を追え!?』。
7月25日の第1回は元警視庁巡査部長でジャーナリストの黒木昭雄氏(11月1日自殺)と未解決の佐藤梢さん殺害事件を検証。9月23日の第2回は竹原信一・阿久根市長(当時)と仙波敏郎・同副市長に長時間のインタビューを行った。
そして第3回目は改めて市長、市議会と市民の関係(地方自治の在り方)を考えてみたい。
ゲストは、中学校教師出身で埼玉県新座市議会議員の高邑朋矢(たかむら・ともや)氏(上写真。56)。?邑さんは04年に初当選し、現在2期目。1人会派の「語る会」に所属している。
12月5日、阿久根市で竹原市長の解職(リコール)の賛否を問う投票が行われ、賛成7543票、反対7145票で、同市長は失職した。年明けの1月16日に市長選挙が行われる(すでに竹原前市長は出馬を表明)が、この阿久根市の問題も具体例として取り上げるし、この間、フォローしている寺澤氏から現状報告を行ってもらう。
?邑氏は、「市議会へ入って、初めて市政がわかった。行政委員の不当に高い報酬、議員の不必要な視察、税金がムダに使われている。こういうことは、市民が知らないといけない。市民が市政をチェックする方法を考え直そう」と話している。
なお、こうした様々な問題は、?邑氏のHP「たかやんの応援団」で取り上げられている。

●視聴用HP(ココをクリックのこと)

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧