アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

浮上ーー「宮越ホールディングス」社長豪邸の競売逃れ疑惑

「宮越ホールディングス」(6620。東京都大田区)という東証1部上場会社がある。
中堅の音響機器メーカーだった「クラウン」が発祥で、元代表取締役の佐久間繁晴氏が設立。同社は60年に株式公開する。
しかし、経営不振から大手スーパーだったダイエー傘下に。だが、ダイエーは再建できず持ち株を手放す。その株を買い取ったのが、現・宮越ホールディングス会長兼社長の宮越邦正氏(74)。83年7月のことだ。
 以来、金融業などを行っていた「クラウンユーナイテッド」(現在宮越HDの株式約23%保有)の代表取締役である宮越氏が実質、経営権を掌握。
11年11月には単独株式移転により、持ち株会社である宮越HDが東証1部に上場。クラウンは連結子会社になっている。
もっとも、いまや同社の業績は見る影もない。
クラウンが上場していた91年度、同社は年商約958億円、経常利益57億円だった。だが、現在、家電の販売から撤退しており、唯一の事業はかつて家電工場があった中国の跡地などの不動産賃貸収入といってよく、16年3月の売上高は13億6500万円、経常利益3億8200万円に過ぎない。
また、宮越HD本社はかつて実質、自社ビルだった(前出・クラウンユーナイテッドが所有していた)が、税金滞納などの挙げ句、99年に「大京」所有となり、以来、賃借しているかっこうだ。
同じく宮越一族が社長の別会社が所有、宮越邦彦氏の自宅とされる大田区山王4丁目の豪邸(冒頭写真)の方も、本社ビル売却とほぼ同時期、こちらは競売により第三者の所有になっている。
ところが、ここに来て、こちらは実はダミー会社を使って実質、買い戻していた疑惑が出て来ているのだ。


そんな資金があるのなら、上場企業であること、株主への責任など考えれば、本社ビルを買い戻す方を優先してもいいとも思うのだが。
登記簿などによれば、その宮越邦正氏の自宅は地下1階地上2階ながら、床面積が1200平方M(約360坪)以上もある豪邸。地下には25Mプールがあり、一部は「体育館」として登記されているほど。
そもそもは「宮越総業」が所有。ところが、本社ビル同様、やはり税金滞納などで差押えを受けた挙げ句、00年9月、「フォーシーズン」(荒川区。伊藤和幸社長)という会社に競売により売却されたことになっている。
もっとも、その後も宮越氏は自宅住所を移転していない。しかし、それはあくまで第三者のフォーシーズンから賃借してのことと思われていた。
だが、本紙はこんな内部資料を入手した。
「フォーシーズンの株式200株(発行株式総数)につきましては、税務当局の調査及び整理回収機構との裁判の際等において、私が株主であるかの如く説明を行って参りましたが、事実と相違していることは理解しております。
私の理解では、実際の資本金払い込みは、宮越興産株主会社がクラウンユナイティドから1千万円を借りて行ったものです。
また、平成13年4月2日付の株式譲渡契約書においても、私が宮越興産からフォーシーズンの株式200株を購入した資金10万円は、宮越隆正氏(宮越興産社長で株主。クラウンユナイテッドの49%株主。宮越邦正氏は同51%。2人は親子)が出したものであり私ではありません。また、今後につきましても本件に関し一切の主張を致しません」。
まさに、フォーシーズンは実質、宮越邦正氏のダミーだったことを物語っている内容だ。
この文書は、ダミーでフォーシーズンの株主になった者が万一、裏切っても困らないように、猜疑心が人一倍強いとされる宮越氏が書かせた雛形の文書だと関係者は打ち明ける。
確かに、フォーシーズンは00年1月に設立されたばかりで資産もないはずなのに、競売価格でも6億円以上する同物件を買えた理由はこれなら説明が付くというものだ。
また、競売で取得した当時、フォーシーズンは荒川区南千住に住所を置いていたが、13年に住所変更した先は、宮越ホールディングス本社住所ではないか。さらにいえば、フォーシーズンの伊藤社長は、宮越氏の出身地である長野県に在住する。
なお、豪邸の入り口には「宮越総業株式会社 迎賓館松雲」との看板(上写真)が。だが、前述のように宮越総業が所有していたのは昔の話。また、グループ会社で「松雲」という株式会社がかつてあったが、96年に解散している。ちなみに、その会社の代表者は「中村省二」氏。一方、フォーシーズンの設立時発起人で株主は「中村省一」氏。二と一の違いだが、これは単なる偶然なのか?
ところで、本紙が入手した別の内部資料などによれば、その後の11年7月、宮越商事(当時。現クラウン)は、この豪邸の所有を宮越親子個人へ譲渡することを検討していた。だが、現在も変わらずフォーシーズン所有であることを思うと、その計画は税務上の問題などから見送りになったようだ。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧