アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 安倍晋三 >
  3. 地元疑惑(下関市)
  4. 昭恵夫人経営の「UZUハウス」建物は、地元指定暴力団本家だった

昭恵夫人経営の「UZUハウス」建物は、地元指定暴力団本家だった

 安倍晋三首相の地元・山口県下関市内に、安倍昭恵夫人が経営するゲストハウス「UZUハウス」がある。
同じく、昭恵夫人が経営する居酒屋「UZU(うず)」が東京・神田にあるが、その“姉妹店”。
UZUハウスは6階建て鉄筋コンクリート建物(冒頭写真)で、同建物を所有する地元女性M氏から、昭恵氏も取締役に就く同経営会社「トルビ」(下関市)が賃借し、16年11月から正式オープンしている。
このUZUハウスの建物が建設されたのは1973年10月。当初は「中島旅館」として営業していた。だが、経営難で人手に渡り、しかも挙句、競売になり、03年12月から前出M氏の所有になっていた。しかし以来、10年ほどは使われず、老朽化し廃墟になっていた(下写真)。
 ところで、この6階建てビル、地元事情通によれば、山中(李)大康氏が「合田一家」の5代目総長を務めていた(1987年~93年)一時期、ここが本家になっていたという。
合田一家とは、下関市に本部を置く指定暴力団。
山中氏が総長時代の92年7月、指定暴力団に指定された。
もっとも、これだけなら、昔の話で、昭恵夫人とは確かに何の関わりあいもないといえるかも知れない。
だが、決してそんなことはない。
なぜなら、本家として使用後、同ビルを購入、現在、UZUハウスの大家であるM氏は、合田一家と関係があるからだ。さらに、仕手筋とも関係する。
本家使用のことを教えてくれた、地元事情通がいう。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧