アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「東京新聞」がスクープ! いまも変わらぬ武井保雄“独裁体制”を元常務が実名で登場し、証言

●日本経団連は再度、処分を。4月からのTVCM解禁も延期すべき

本日付け『東京新聞』(特報面)が、武富士元常務を登場させ、本紙・山岡などに対する電気通信事業法違反(盗聴)で逮捕、保釈された後の04年10月ごろ、武井保雄武富士前会長は、表向きは一切の役職を退き、社会活動に専念したいと表明していながら、実際には、東京都杉並区内の自宅(真正館)に度々武富士役員等を呼びつけ、武富士の経営に関する指示を出していた実態を見事に暴いている。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧