アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 安倍晋三 >
  3. 北海道霊園疑惑
  4. 本紙・山岡、「週刊金曜日」に安倍晋三疑惑記事執筆

本紙・山岡、「週刊金曜日」に安倍晋三疑惑記事執筆

●巻頭3ページで安倍自民党幹事長代理の霊園疑惑を追及

明日(10月29日)発売の「週刊金曜日」に、山岡が昨年来、取材していた、北海道札幌市の郊外にある疑惑の霊園と安倍自民党幹事長代理との不可解としかいいようがない関係についての記事が出る。
上に掲げた写真は本紙・山岡が、世間がお休み中の今年5月のゴールデン・ウィーク中、現地取材した際に撮って来たものだ。この霊園、北海道一の規模を誇り、1枚目の写真は、イースター島のモアイ像を思わせる霊園内の巨石群を撮ったもの、その下の2枚目の写真は、同じく霊園内にある安倍代議士の母親・洋子さんが寄贈したとされる観音像(3体の中央)を撮ったものである。
ともかく、何が疑惑なのかは、記事を是非読んでいただきたい。
ただ、一言申しておくと、この霊園を牛耳っているのは極めて問題の人物で、なぜ、そんな霊園に母・洋子さんが、観音像を寄贈するようなことをしているのかということである。同霊園に飾られている両者の親密な関係を示す物証はこれ以外にもある。
記事に載せた写真、「北方領土返還」の石碑にも洋子さんの名、さらには、父・安倍晋太郎元外相(故人)の名前まで入っているのだ。
また、下記に掲げたように、洋子さんはこの霊園を経営する社団法人の理事に現在も就任しているのだ。
同時期、東映元社長の岡田茂氏、国税に顔が効く谷部(正式には「部」は謄本の通り)龍二氏も就任している。

●公人として、説明責任を果たさない安倍事務所

それにしても、今回の取材をしてみて驚いたのは、安倍事務所のひどいとしかいいようのない対応ぶりだ。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧