アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(630)「在日朝鮮関連資金と仕手」

  • 閲覧数(4)

 先週まで実態の乏しい箱モノ企業の株価急騰が目立った。
むろんすべてではないものの、そのかなりに実は在日朝鮮関連資金が投じられていると思われる。しかも、これに日本の反社勢力がくっつき煽っていると思われる一面が最近の実情なのだ。
一例を示すと、まず「プラコー」(6347。JQ。冒頭写真=同チャート)もその1つだ。
昨年4月にクロス取引で玉移動。5月に風俗経営者のI崎氏が取得。この銘柄は元々関西の「高瀬ロジック」が手掛けていたのだが、在日の投資家に移っている。そこへ六本木筋が参加。直近の『四季報』を見ると大株主に在日朝鮮関連名義は出ていない。六本木筋に完全に移った可能性が高い。名義は借名であろうが、事情があり名義公表は控える。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧